ホーム > 詩人の部屋 > 46の部屋 > 日記

46の日記

2017年11月



1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30


<< 前の月次の月 >>

日指定

プロフィール
詩人名 : 46
詩人ID : IRUKA
年 齢 : 25歳
性 別 : 女性

フィード

ワード検索

最新ログ

過去ログ

あー。
2017/11/03(Fri)

人と話すのはいちいち顔色を伺ってしまうけど
ステージ上で歌う時はなんて自由なんだろう
100%自分を叫んでる気がするから伺うのもバカらしい

歌が気に入ればそこにいればいいよ
楽しませてあげる

とか普段もこんな調子で生きれたら
最高の女。

46

歌の力
2017/11/04(Sat)

ひっさびさにヒトカラフリータイムで歌ったー
意外と声でるでるでーるでる
物凄く寒くなる前にウィッグを防寒対策として被ってる貴著なミクさんと
近々路上で歌うことになって楽しみ。
相変わらず私はへっぽこギターだけども
歌ったり聴いてたりすると
まだ楽しいことがあるはずだって
謎の希望が生まれるのはどうしてなんだろう。

アーケードは特に声が響くから素敵
普段は注目浴びるのが怖いくせに
みんな立ち止まって聴きやがれって思う。

少しずつ回復前進

46

まぁこれも私よね。
2017/11/09(Thu)

友人の「疲れた」が私に対しての「疲れた」に聞こえてしまうのは
今自分が弱っているから感じるのか
それとも弱って強がる余裕もなくなったから
本当に疲れさせてしまったのかは知らない
そんな事を考え出すと疲れたという友達に疲れてる自分がいる。

私は冷たい人間だなってひんやり感じるけど
こんなの今に始まったことじゃなかったやって思い出す

人生に疲れてしまうことがちらほらあるけど
世の中まじクソだって本気で思ったことは無い
だって世の中否定したら音楽も大好きなカニも一緒にいてくれる人もクソって言ってるようなもんなんだよね。
クソじゃないよ美味しいもんカニ。

クソだと思った人は見てきた
でもそれがその人の全てではないし
そう、全てではないけど縁を切る人だっている
3人の顔が毎日脳裏にこびりついて浮かびあがってくるけど
こんな日々も段々とこんな人達もいたなに変わっていく
どこか美化した思い出に変わりゆく
その現実を飲み込むのが辛くて苦しむのはあるけど
確実に時間がじわじわと痛むところを緩和させているのが分かる
それがまた救いであり切なくて寂しい

どうこうするわけでもないけど

自分を記録ってよりか人間の記録
人間くさいよねここのサイトの人たちって

どうでもいいと言ってしまえば
全てどうでもいいことだらけだよ

46

一度壊れたら
2017/11/11(Sat)

何もかも壊れかけてるように感じる

心の奥底でいっそ裏切ってくれないかなぁって思う
そしたらあの時の涙のように
私も綺麗に何もかも流せるかな

朝から涙が止まんなくなった
寂しいからだと思った

人を嫌いになりたい
でもなれない

どんなに苦しくなろうとも
楽しいことも知ってしまったからだと思う

心って厄介。

46

おいおいおいおい
2017/11/13(Mon)

お片づけすると運気が上がるらしいってので
なんとなく物置化されていたロフトを整理して
もう連絡がこなくなったあの子とのプリクラもリセットするつもりで全部ゴミ袋にいれてスッキリした

そしたら三ヶ月ぶりに連絡がきた
運がすごい効果でやってきたという
まぐれかもしれないが感動させてくれ。

てっきりブロックされてたとばかりに思い込んでいたから
二日前あたりにLINEしていた
のをみていたらしい。
ブロックしてなかったんかい。

覚えてる限りものすごく臭いセリフを打ち込んでいた気がする
お互いシワが増えた頃にまた笑い合えたらうんちゃらかんちゃら

恥ずかしくて死にたい。
もっとラフな文章を打つんだった
だってまさか読むと思わなかったんだもん

だめだ恥ずかしくてなおさら会うの気まずい

前のように仲良くなれるのか
まだ会う約束はしてないけど

大切な友達が戻ってきた

それだけで希望に満ちた


46

サラバ!
2017/11/18(Sat)

二年以上前ほとんど三年近いか
その頃私は西加奈子のサラバ!が凄く読みたいって話してて
そしたらまた付き合い始めたたつが分厚い2冊のサラバ!をプレゼントしてくれたっけ。
凄く嬉しかった

それなのに何故か読まないまんま月日が流れ
何故かそれを読まずに西加奈子の新しく出した本を店頭で見つけ買ってそれは読み終わるという。

そんなこんなで今更ながらやっとサラバの上を読み終えそうな感じ
遅い
がこんな分厚い本2冊を読んだことがないもんで読むにはそれなりの覚悟が必要で
読み始めて半分もしないうちに猛烈な睡魔に襲われ4時間という長すぎる昼寝をしてしまった。

本は好き
でも眠くなる
時間があるうちに読もうって思って今。

無職生活ももう少しで2ヶ月経とうとしてる。
焦ってはいるけど始める勇気が一向に芽生えない自分に戸惑う

たつがもし仕事が決まったら1ヶ月県外に行ってしまう

流石に無職で1ヶ月会えないのは心細くて弱ってしまいそう

アルバイト探さなきゃ。

46

メソメソしてたって立ち上がるのは自分
2017/11/21(Tue)

未だに親の言葉に傷ついてる自分に気づいて
まだまだ幼いなぁって思う
心の無い言葉を幼い頃から散々聞いてきて
若い頃はまだこんな環境で育ったから自分はネガティブになったんだとか
人のせいにすればするほど救われていたけど
人のせいにしたって何にも変わらないことはさすがに気づいたかな

誰に何と言われようと私はたつのことが好きだし大切だし
誰に何と言われようと今休んでいる私は私を責めないでおこうと思う

なんだか泣きそうだから
せめて私は私を守ろうと思う

46

今から会いに行く
2017/11/26(Sun)

気まずさがね。
でもきっと私は泣く気がする

今までのことなんて説明しましょう

46

おーまいがっ
2017/11/30(Thu)

眠れない。
というのも12時まで爆睡してたから
何か夢の中で斧を寝そべってる女に叩きつけて殺してた

怖すぎ。

なーんにもしてないと
頭の中がちょうどよくスッキリしてて落ち着く

だから人間関係の悩み全てに

思うように生きたらいんじゃん?って余裕ぶっこく

適当なことを言ってる訳じゃないの
本当にそう思う

だって今私は仕事してないってこと以外は全て手に入っている気がしてて

これを幸せと呼ぶのにはまだ満たされている訳では無いけど

本当に大切なことを見失いがちな友人や道行く人をみると
欲ばりに見えるのだけど

欲ばりでも素敵
だけど見えなくなったらダメ。

46

[前の10日表示]   [46の日記]   [次の10日表示]
- 詩人の部屋 -