ホーム > 詩人の部屋 > 山崎 登重雄 の部屋 > 日記

山崎 登重雄 の日記

2019年07月

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31



<< 前の月次の月 >>

日指定

プロフィール
詩人名 : 山崎 登重雄
詩人ID : lovelife55
誕生日 : 1969年2月5日
性 別 : 男性
住 所 : 静岡

フィード

ワード検索

最新ログ

過去ログ

ふつうです。ただ、腎臓が悪いだけ。
2016/02/10(Wed)

俺はもっとむごい、がん、だと思っていたから。

透析も2日に1回。2日に1日げんきに動けるし。

この前向きな強さ。これが大事よ。

ただ前向きに。

たまに、ないて甘える。から(笑)


5日で47歳。

祝いメールくれた方。携帯壊れたため、へんしんできません。

心から、かんしゃします。ありがとうございます。

山崎 登重雄

にゅういんするぞ。
2016/02/09(Tue)


15日から1週間。

んで、ドクターのもとで様子を見て。

んで、投薬の効果が悪かったら、透析開始。

やもへもない(笑)

それよりも、携帯が壊れちゃった。

孤立か(笑)

3月頭で、買います(予定)

これを機会に、メアドをぱそこ。

今日から切り替えます。

やま。








山崎 登重雄

新しいことのは。
2016/01/20(Wed)


言う。

ことはできるだろうか。

書く。

ことはできるだろうか。

伝えのこす。

ことはできるだろうか。

未来から。

くるだろうか。

俺や、俺の妻や、子供たち。

大勢の読者様。

俺を、掘り出して。

笑って欲しい。

それだけ。

山崎 登重雄

恋に臆病な俺の釈明。
2016/01/18(Mon)

男って、そういういきもの。

そのための装置。

でも、笑いも、なみだも、紆余曲折も。

ぜんぶ盛ったら、ラストの一行。

そこに世界の始まりも、終わりも。

ぜんぶあるだろう。


流行語大賞かも(笑)



山崎 登重雄

怪獣退治に使命をかけて
2016/01/16(Sat)


とどろく叫びを耳にして

帰ってきたぞ、帰ってきたぞ、ウルトラロマン。

ここに現れて欲しい。

タイトル先考派なのにうかばない。

せんたく機は回り続けていて、俺の頭は回らない。

帰ってきたウルトラロマン。

お題で受けるから、でもなかみで笑えなくちゃ。

難しい。。。


山崎 登重雄

苦作
2016/01/14(Thu)


タイトルが決まっていて、書けません。

できればコミカルで、ライトなかんじで。


タイトルは、帰ってきたウルトラロマン(笑)

今、構想をねっています。


きみにも見えるウルトラの星

へヴィロテ中。


山崎 登重雄

灯油が切れたら終わりだ。
2016/01/13(Wed)



あと20リッター。

大事大事。めし食ったら、オヤスミだ。



山崎 登重雄

雪が降るかも。
2016/01/12(Tue)


それほどまでに冷え切った夜。

曇り空が怪しい。

深夜組。どうか無事故でありますように。









山崎 登重雄

ジギースターダスト
2016/01/11(Mon)



かっこいいおっさんがまたひとり

そらへのぼった

デビッドボウイ

さようなら

あんた、かっこいいよ


山崎 登重雄

もっとしばられてみたい。
2016/01/10(Sun)

ルーズな性格。

規律を求む。

恋をして、愛をはぐくみ。

そのまま家族になれるように。

そうゆう意味でなら、おおいにしばられてみたい。

♪アクセルためてルーズな空見上げる♪(佐野元春)

山崎 登重雄

[前の10日表示]   [山崎 登重雄 の日記]   [次の10日表示]
- 詩人の部屋 -