ホーム > 詩人の部屋 > のんの部屋 > 投稿順表示

のんの部屋  〜 投稿順表示 〜


[31] サヨナラ
詩人:のん [投票][編集]

サヨナラ…

そう言えたら

本当に楽になるの…?

逃げてるだけ

自分を守ってるだけ…

時々よぎってしまう

サヨナラ…

悲しすぎる結末?

いえ、それは出発…


そう信じてる

2007/03/04 (Sun)

[32] 強がり
詩人:のん [投票][編集]

流した涙

消えない記憶

塗り変えようとする私

一歩進むごとに薄れ…

振り向けば思い出す

だから涙を拭いたら

振り向かない…


私に出来る

精一杯の強がり

2007/03/10 (Sat)

[33] 
詩人:のん [投票][編集]

貴方がくれた

言の葉を

一枚、一枚

抱き寄せて

胸に広がる貴方色

手を繋げば

温かさ

全身に広がる

たった数秒の出来事

貴方が笑う度

心の華が咲く

貴方が悲しむ度

心の華が散る

いつの間にか…

貴方は私の華。

2007/03/10 (Sat)

[34] 言霊
詩人:のん [投票][編集]

命の輝き

色褪せぬ…


魂の抜けた人形

闇を好む

その魂は清く

傷つきやすく

儚い…


感情麻痺

人身的自害

儚く美しゅう魂は

嘆き悲しむ…


景色色褪せ味気のう


闇の中から見ゆる光

いと美しく

眩しゅう…

光に向かい

前進

光に囲まれ

自ら光放ちたもう

闇恐れず

光見ゆる

2007/03/16 (Fri)

[35] 
詩人:のん [投票][編集]

あの真っ白な

雲の上には

何があるんだろう…?
羽のように

軽やかに

見えない天使達が

舞い降りる

ふわりふわり…

鮮やかに

灰色の空

真っ白に染めて…

いつからか

空見上げなくなってた

下ばかり向いて

壁にぶつかる痛みを知る


天と地の境地

舞い降りた

堕天使

いつの日か

空に還る

その日を夢見て

試練乗り越えて行く…

羽のように

軽やかに

雲のように

ふわりふわり…

舞い降りた天使達

いつの日か

空に還る

その日を夢見てる…

2007/03/19 (Mon)

[36] 
詩人:のん [投票][編集]

いくつ言葉を並べても

いくつ理由を考えても

想いは形にはならなくて…


ただ空の蒼さに涙

2007/03/20 (Tue)

[37] nature
詩人:のん [投票][編集]

ふとした瞬間
研ぎ澄ます直感
光一筋走る夜道
見えた答えそれは未知
手にしたものの大きさ
目にしたものの大事さ
便利さに頼り
いつのまにか盲目
研ぎ澄ます感覚
感じる空気
ありのまま
受けとめる広さ
追求限りなく…
Natural is the best.

2007/03/26 (Mon)

[38] 幻想
詩人:のん [投票][編集]

温かく微笑み

柔らかく包み込み

癒し

愛され

愛す…

華のように

鮮やかに

儚く…

それは…幻

2007/03/28 (Wed)

[39] 当たり前なことなのに
詩人:のん [投票][編集]

前向いて

つまずいて転んでも

太陽は優しく微笑む

夢を見失ったり

絶望を感じたり

歩く道は平坦ではないけれど


それがあるから幸せなんだ


幸せの中にいると

麻痺してしまうから

一つ一つの幸せを

大事にしよう…

2007/04/02 (Mon)

[40] 心の羽根
詩人:のん [投票][編集]

「大丈夫」なんて

強がり

いつまでもは続かなくて…


一人部屋に体育座り

いつも見ていた景色が

何だか別世界に見えた
どうしてだろう…?

「苦しいよ」とか

「辛い」って言えないんだろう…?


弱い自分から

逃げてるのは僕自身…

わかってる“つもり”なのにね…


何処かで助け

求めて甘えてるんだ

この道を選んでるのは僕自身


頭でわかってても

心は器用になれないよ

いつしか笑顔を維持することに


強がりを覚えてた…

そんな僕の背中の羽は

小さくなってた…

笑顔の雨が降る瞬間(とき)


僕は心から笑えてるかな…?


背中の羽

羽ばたかせたい

あの空の向こう

虹色の未来

セピアに染まる時間(とき)に


羽根一枚

明日へ繋ごう…

2007/04/08 (Sun)
116件中 (31-40) [ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> ... 12
- 詩人の部屋 -