ホーム > 詩人の部屋 > あいくの部屋 > 日記

あいくの日記

2010年09月



1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30


<< 前の月次の月 >>

日指定

プロフィール
詩人名 : あいく
詩人ID : ai_ku
年 齢 : 35歳
性 別 : 男性
住 所 : 大阪

フィード

ワード検索

最新ログ

過去ログ
2020年06月(2)
2020年05月(30)
2020年04月(30)
2020年03月(31)
2020年02月(29)
2020年01月(31)
2019年12月(31)
2019年11月(30)
2019年10月(31)
2019年09月(30)
2019年08月(31)
2019年07月(31)
2019年06月(30)
2019年05月(31)
2019年04月(29)
2019年03月(31)
2019年02月(28)
2019年01月(31)
2018年12月(31)
2018年11月(30)
2018年10月(31)
2018年09月(30)
2018年08月(31)
2018年07月(31)
2018年06月(29)
2018年05月(31)
2018年04月(30)
2018年03月(30)
2018年02月(27)
2018年01月(31)
2017年12月(30)
2017年11月(30)
2017年10月(31)
2017年09月(30)
2017年08月(31)
2017年07月(31)
2017年06月(30)
2017年05月(31)
2017年04月(30)
2017年03月(31)
2017年02月(28)
2017年01月(30)
2016年12月(31)
2016年11月(30)
2016年10月(31)
2016年09月(30)
2016年08月(31)
2016年07月(31)
2016年06月(30)
2016年05月(30)
2016年04月(30)
2016年03月(31)
2016年02月(29)
2016年01月(31)
2015年12月(30)
2015年11月(30)
2015年10月(31)
2015年09月(30)
2015年08月(31)
2015年07月(31)
2015年06月(31)
2015年05月(31)
2015年04月(28)
2015年03月(31)
2015年02月(27)
2015年01月(31)
2014年12月(31)
2014年11月(30)
2014年10月(30)
2014年09月(29)
2014年08月(31)
2014年07月(30)
20 年月(1)
2014年07月(30)
2014年06月(30)
2014年05月(31)
2014年04月(28)
2014年03月(29)
2014年02月(26)
2014年01月(29)
2013年12月(30)
2013年11月(29)
2013年10月(30)
2013年09月(28)
2013年08月(28)
2013年07月(27)
2013年06月(28)
2013年05月(31)
2013年04月(30)
2013年03月(31)
2013年02月(28)
2013年01月(31)
2012年12月(31)
2012年11月(30)
2012年10月(31)
2012年09月(30)
2012年08月(31)
2012年07月(31)
2012年06月(30)
2012年05月(31)
2012年04月(30)
2012年03月(31)
2012年02月(29)
2012年01月(31)
2011年12月(31)
2011年11月(30)
2011年10月(31)
2011年09月(30)
2011年08月(31)
2011年07月(31)
2011年06月(30)
2011年05月(31)
2011年04月(30)
2011年03月(30)
2011年02月(28)
2011年01月(31)
2010年12月(31)
2010年11月(30)
2010年10月(31)
2010年09月(30)
2010年08月(31)
2010年07月(31)
2010年06月(30)
2010年05月(31)
2010年04月(30)
2010年03月(31)
2010年02月(14)

今日の龍馬伝
2010/09/12(Sun)

今日も福山雅治わ男前でつた(*'-')

なんだかホントに後藤君と弥太郎君のコンビがガチガチに固まってきましたねぇw、、、そこに今後どーやって龍馬君を割り込ませていくのかが非常に至難の業に思えるのですが逆に楽しみでもありますね(´∀`)

まぁ本編わ龍馬君の療養と長崎、亀山社中への帰還となります。
重要なところわやっぱり龍馬君のプロポーズ大作戦と言う事でしょうか。婚活乙〜w、、、とかまぁ今人にも発破をかけるていと言うのでしょうか、、、嘘ですよ(´・ω・`) まぁドラマを見てこう言うのもなんですが、ドラマの脚本や演出を抜き差しにしても、龍馬君が、さなたんわ連れて行かないで、お龍ちゃんわ連れてったわけが今回何となくわかった気がします、、、いやね、今回龍馬伝みてて、正直さなたんの株わ私の中でとてつもなく高いのですよ。その他の龍馬がらみの小説とかシナリオだとやっぱり、お龍ちゃんだなぁ、と思ってたけど。今回わ、さなたんの肩をもってました。それでも、それでも龍馬君が、お龍ちゃんを選ぶのが道理なのだろうと、やっぱり思ってしまったわけです。 今回たまたま寺田屋の騒動で居合わせたのが、お龍ちゃんだった、だから、の「居合わせた、だから」でわ決してない、ただ「お龍ちゃん、だから」であるんだと。まぁ詳しくそれを説明わ私も出来ないのだけど。なんと言うか、龍馬君にして「さなたんわ連れてけな」けど「お龍ちゃんわ連れてきたい」と直感的な本能的な何か訴えるものが、そのように思わせるのです(*'-')
まぁ今回の、お元ちゃんわ完全に噛ませ犬でしたねwwwほんとに座興余興の域としか見なかった。お元ちゃんのバックグランドも考えてあげたい所でわありますけど、少し弱すぎたと(´д`)

高杉君わ労咳です結核です、ストレプトマイスンが早く開発されればいいですね(*'-') 龍馬君もドラマの中で自らの天命を何処かで感じているような思わせぶりな発言もとびだしたり、物語わいよいよクライマックスに近付いてゆく様相ですか、次回が第三部完とか予告ででてましたね、、、あと三ヶ月ちょっと、もう少し私も「今日の龍馬伝」がんがってつづけないとなぁ(´з`)y-〜

あいく

前日]   [あいくの日記]   [翌日
- 詩人の部屋 -