ホーム > 詩人の部屋 > 剛田奇作の部屋 > 日記

剛田奇作の日記

2010年12月



1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<< 前の月次の月 >>

日指定

プロフィール
詩人名 : 剛田奇作
詩人ID : hitona
誕生日 : 1982年4月28日
性 別 : 女性
住 所 : 静岡

フィード

ワード検索

最新ログ

過去ログ

芸術家
2010/12/15(Wed)

ある芸術家がインタビューでふとこう言ってた
「若い頃は何かを作るのに目茶苦茶無駄にエネルギーを使いますからね」

耳を疑った え?あんたはもう無駄にエネルギー使わないの?経歴をつむと要領がよくなるといいたいのだろうか…普通の仕事ならばそれで良いが…
個人的に精神的なエネルギーを無駄にするのが芸術家だと思っている だから芸術家は計り知れない痛みを伴い作品を生み出す。さらにそれを壊してまた次を求めていく
だから芸術の価値はある。合理的な人はもう芸術家ではないのかもしれない。合理的に生み出されたものは芸術なんかじゃない、と思う
生きづらい人は何か表現することをしたら楽になれる。私がそうだから
合理的にできない、普通ができない…人と違う… なんて悩む必要ない あたりまえさ 君はアーティストだから
苦しんでる人にそう言いたいな
苦しめる亊は尊い。苦しんだ人にしかできない仕事がある。


剛田奇作

前日]   [剛田奇作の日記]   [翌日
- 詩人の部屋 -