ホーム > 詩人の部屋 > あいくの部屋 > 日記

あいくの日記

2016年12月




1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<< 前の月次の月 >>

日指定

プロフィール
詩人名 : あいく
詩人ID : ai_ku
年 齢 : 41歳
性 別 : 男性
住 所 : 大阪

フィード

ワード検索

最新ログ

過去ログ
2020年05月(27)
2020年04月(30)
2020年03月(31)
2020年02月(29)
2020年01月(31)
2019年12月(31)
2019年11月(30)
2019年10月(31)
2019年09月(30)
2019年08月(31)
2019年07月(31)
2019年06月(30)
2019年05月(31)
2019年04月(29)
2019年03月(31)
2019年02月(28)
2019年01月(31)
2018年12月(31)
2018年11月(30)
2018年10月(31)
2018年09月(30)
2018年08月(31)
2018年07月(31)
2018年06月(29)
2018年05月(31)
2018年04月(30)
2018年03月(30)
2018年02月(27)
2018年01月(31)
2017年12月(30)
2017年11月(30)
2017年10月(31)
2017年09月(30)
2017年08月(31)
2017年07月(31)
2017年06月(30)
2017年05月(31)
2017年04月(30)
2017年03月(31)
2017年02月(28)
2017年01月(30)
2016年12月(31)
2016年11月(30)
2016年10月(31)
2016年09月(30)
2016年08月(31)
2016年07月(31)
2016年06月(30)
2016年05月(30)
2016年04月(30)
2016年03月(31)
2016年02月(29)
2016年01月(31)
2015年12月(30)
2015年11月(30)
2015年10月(31)
2015年09月(30)
2015年08月(31)
2015年07月(31)
2015年06月(31)
2015年05月(31)
2015年04月(28)
2015年03月(31)
2015年02月(27)
2015年01月(31)
2014年12月(31)
2014年11月(30)
2014年10月(30)
2014年09月(29)
2014年08月(31)
2014年07月(30)
20 年月(1)
2014年07月(30)
2014年06月(30)
2014年05月(31)
2014年04月(28)
2014年03月(29)
2014年02月(26)
2014年01月(29)
2013年12月(30)
2013年11月(29)
2013年10月(30)
2013年09月(28)
2013年08月(28)
2013年07月(27)
2013年06月(28)
2013年05月(31)
2013年04月(30)
2013年03月(31)
2013年02月(28)
2013年01月(31)
2012年12月(31)
2012年11月(30)
2012年10月(31)
2012年09月(30)
2012年08月(31)
2012年07月(31)
2012年06月(30)
2012年05月(31)
2012年04月(30)
2012年03月(31)
2012年02月(29)
2012年01月(31)
2011年12月(31)
2011年11月(30)
2011年10月(31)
2011年09月(30)
2011年08月(31)
2011年07月(31)
2011年06月(30)
2011年05月(31)
2011年04月(30)
2011年03月(30)
2011年02月(28)
2011年01月(31)
2010年12月(31)
2010年11月(30)
2010年10月(31)
2010年09月(30)
2010年08月(31)
2010年07月(31)
2010年06月(30)
2010年05月(31)
2010年04月(30)
2010年03月(31)
2010年02月(14)

ぉんg
2016/12/16(Fri)

ちょいと駅前に用事で
チャリでいったのですが
なんとゆーか
説明するのがややこしいのですが
駅前なんかの
時間制簡易駐輪施設は
車輪固定する設備に
前輪つっこんで駐輪するわけですが
狭いスペースになるだけたくさん
止められるように
車輪固定するところを
一台おきに上段下段と
互い違いにして
ハンドルどうしが
あたらないようにして
その自転車ごとの間隔を
せばめているのですが、、、
さて
知っている人なら
あ〜あれね
でしょうし
知らない人なら
なんのこっちゃでしょうけど
あいくさんにわこれ以上説明する
自信がありませんなぁ
てか
まぁ駐輪施設の説明が本題でわないので
本題にうつりましょう
当然駅前の駐輪施設なので
だいたいいつも自転車一杯です
かつ上段下段とあって
だいたい下段はいつも埋まっています
当然上段のほうが自転車を
止めにくいのですから
当たり前ですわな
ですがなぜかこの時ばかりわ
めったとない幸運に恵まれ
ちょうど下段スペースが
1カ所あいておったわけです
あいくさん、わーラッキーと
そこに自転車ゆうゆうと止めて
用事にむかっていったわけですわ
話ながいな、、、(´・ω・`)

 54.2(54.8(62.4(59.2)
   ∧∧
 ノбб \
(_ )   l
 (    Ч〆
  18.75

で用事すませて駐輪場にもどってみると
ちょーどちょーどそのとき
あいくさんがチャリ止めたあたりで
妙齢の女性がきょろきょろしてるわけですわ
でまぁ案の定、下段で止めれるところが
どこにもないようす
意を決してたのか
ちょうどあいくさん止めた隣の
開いてる上段へ自転車を止めよう
としているところでわないですかね
既に両サイド下段に自転車止まってる
上段のところに止めるって
止めてしまえばハンドルどうしわ
干渉しないわけですが
止めるためにわその両サイドのちゃりの
ハンドルを越えなければいけないとゆー
まぁーこれわ女性なんかにわきつい仕事ですわな
そこであいくさん、それわお困りでしょう、、、
と思ったかどうかわ後で話すとして
すわ、「そこの自転車わたしすぐだしますよぉ^^」
と声をかけてあいくさんの止めてた下段スペースを
おすすめしてあげたわけっすわ
もちろんその妙齢の女性わ大変に
ありがたかったかの様子で
感謝をいただいたわけですが、、、
さて一見これわ
あいくさんがいー事をしたように見えますが
いやみえないですよね
だってすぐに自分のチャリだすのわ
確定事項だったわけですからねぇ
しかももっと言えば
その女性が隣の上段にチャリを入れてしまう前に
自分のチャリを引っこ抜きたかった
とゆーことなのですよ
なぜって、たとえ下段であっても
左右にチャリがある状態になれば
もちろんその干渉わさけられず
引っこ抜きにくくなるのですからねぇ
などと
あとあと色々考えてみると
やっぱりあいくさんわ
残念な人間性なのだなぁと
思うわけですな
、、、話ながいわ(*'-')


あいく

前日]   [あいくの日記]   [翌日
- 詩人の部屋 -