ホーム > 詩人の部屋 > 里雨夜の部屋 > 投稿順表示

里雨夜の部屋  〜 投稿順表示 〜


[171] 星の光
詩人:里雨夜 [投票][編集]

凛と静かな夜

仰げば一面の星


儚くて

今にも消えてしまいそう



お星様

昔と変わらずにいますよね

僕が見ているのは
貴方の幻ではないですよね

ちゃんとそこにいますよね




消えてしまったのを
僕が知らないだけですか?

2008/12/21 (Sun)

[172] 最後の恋
詩人:里雨夜 [投票][編集]

君の近くにいさせて

終わりを迎える

最期のその時まで

近くにいさせてほしい



恋人じゃなくていい

友達でいい


僕がいなくなっても

深くは悲しまず

そっと思い出に昇華して

遠い人にしてもいい



君への想いも

嫉妬も

羨望も

涙も

僕の恋は総て持って行くから



最期の時だけは

僕を

僕だけを

見ていて…

2008/12/31 (Wed)

[173] 春の便り
詩人:里雨夜 [投票][編集]

夕闇深い帰り道

頬を撫でる風の暖かさに

2ヶ月先の春を感じた

2009/01/22 (Thu)

[174] 手のひらの傷
詩人:里雨夜 [投票][編集]

後悔したの?

悔しかったの?

辛かったの?

苦しかったの?


どんな想いで
そんなに強く握っていたの?


ガーゼを赤く染めるくらいなら

僕を濡らしてほしかった

君の手のひらに傷を作るくらいなら

僕を傷つけて構わない





だからこれからは
僕の手を掴んでくれないか

2009/02/14 (Sat)

[175] 欲望
詩人:里雨夜 [投票][編集]

たとえば
渇いた喉を潤す水でも

たとえば
枯れた草木を潤す水でも

たとえば
砂漠を潤す水でも



潤わない

潤せない

心の渇き



たとえば
誰もが涙する物語でも

たとえば
誰もが静聴する美声でも

たとえば
誰もが目を見張る絵画でも

満ちない

満たされない

心の飢え



貴方と出会ってしまって
貴方を知ってしまって
貴方だけを欲している
貴方しかいらない



もう

恋という
カワイイものじゃない

愛という
ヤサシイものじゃない



強くて激しい




心の叫び

2009/02/16 (Mon)

[176] さよなら
詩人:里雨夜 [投票][編集]

解放の合図

なのに

涙止まらない



どうして
こんなにも胸が痛いの?

2009/02/23 (Mon)

[177] 君が好き
詩人:里雨夜 [投票][編集]

君が僕と一緒にいるために
涙堪えているの
知ってるよ



僕だって
君と一緒にいるためなら
きっと同じことするんだ




でもね

悲しいよ

君が苦しみを隠して
笑っているの

僕が気付いていることを
知っていて笑うんだ












君が好き



だから

せめて僕の腕の中では
泣いてほしい

2009/03/03 (Tue)

[178] 匂い
詩人:里雨夜 [投票][編集]

雨が香るこの街で

心と色を失った



空も

鳥も

花も

目に入るすべてのものが
灰色がかっていて

引力も

さえずりも

息吹も

何も感じない





ただ

雨の匂いだけが

強く


残っている

2009/03/04 (Wed)

[179] 一片の想い
詩人:里雨夜 [投票][編集]

決して声にはならない想い

文字のままだからこそ

美しい

目に見えるから

儚い

2009/03/13 (Fri)

[180] 春を待つ
詩人:里雨夜 [投票][編集]

肌をさする凍える風

体を濡らす冷たい雨

硬く閉じた桜の蕾

春はまだ先だと

僕に告げている

2009/03/16 (Mon)
422件中 (171-180) [ << 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 >> ... 43
- 詩人の部屋 -