ホーム > 詩人の部屋 > あいくの部屋 > 日記

あいくの日記

2010年05月






1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31





<< 前の月次の月 >>

日指定

プロフィール
詩人名 : あいく
詩人ID : ai_ku
年 齢 : 35歳
性 別 : 男性
住 所 : 大阪

フィード

ワード検索

最新ログ

過去ログ
2020年05月(29)
2020年04月(30)
2020年03月(31)
2020年02月(29)
2020年01月(31)
2019年12月(31)
2019年11月(30)
2019年10月(31)
2019年09月(30)
2019年08月(31)
2019年07月(31)
2019年06月(30)
2019年05月(31)
2019年04月(29)
2019年03月(31)
2019年02月(28)
2019年01月(31)
2018年12月(31)
2018年11月(30)
2018年10月(31)
2018年09月(30)
2018年08月(31)
2018年07月(31)
2018年06月(29)
2018年05月(31)
2018年04月(30)
2018年03月(30)
2018年02月(27)
2018年01月(31)
2017年12月(30)
2017年11月(30)
2017年10月(31)
2017年09月(30)
2017年08月(31)
2017年07月(31)
2017年06月(30)
2017年05月(31)
2017年04月(30)
2017年03月(31)
2017年02月(28)
2017年01月(30)
2016年12月(31)
2016年11月(30)
2016年10月(31)
2016年09月(30)
2016年08月(31)
2016年07月(31)
2016年06月(30)
2016年05月(30)
2016年04月(30)
2016年03月(31)
2016年02月(29)
2016年01月(31)
2015年12月(30)
2015年11月(30)
2015年10月(31)
2015年09月(30)
2015年08月(31)
2015年07月(31)
2015年06月(31)
2015年05月(31)
2015年04月(28)
2015年03月(31)
2015年02月(27)
2015年01月(31)
2014年12月(31)
2014年11月(30)
2014年10月(30)
2014年09月(29)
2014年08月(31)
2014年07月(30)
20 年月(1)
2014年07月(30)
2014年06月(30)
2014年05月(31)
2014年04月(28)
2014年03月(29)
2014年02月(26)
2014年01月(29)
2013年12月(30)
2013年11月(29)
2013年10月(30)
2013年09月(28)
2013年08月(28)
2013年07月(27)
2013年06月(28)
2013年05月(31)
2013年04月(30)
2013年03月(31)
2013年02月(28)
2013年01月(31)
2012年12月(31)
2012年11月(30)
2012年10月(31)
2012年09月(30)
2012年08月(31)
2012年07月(31)
2012年06月(30)
2012年05月(31)
2012年04月(30)
2012年03月(31)
2012年02月(29)
2012年01月(31)
2011年12月(31)
2011年11月(30)
2011年10月(31)
2011年09月(30)
2011年08月(31)
2011年07月(31)
2011年06月(30)
2011年05月(31)
2011年04月(30)
2011年03月(30)
2011年02月(28)
2011年01月(31)
2010年12月(31)
2010年11月(30)
2010年10月(31)
2010年09月(30)
2010年08月(31)
2010年07月(31)
2010年06月(30)
2010年05月(31)
2010年04月(30)
2010年03月(31)
2010年02月(14)

今日の龍馬伝
2010/05/30(Sun)

今日も福山雅治は男前でつた(*'-')

土佐でわ捕縛された勤皇等の方々の尋問拷問がつづきます。一方、勝海軍塾に席を置く龍馬たち土佐藩士にも帰国命令が出ますが、海軍塾の仲間に匿われてその難を逃れます。そんな中、京にて岡田以蔵と懇意の女であった飯屋の娘からの知らせにて以蔵の窮地を知ります。龍馬わ単身、京に乗り込み以蔵を探しますが、その足取りわようとしてつかめません。その探索のさ中立ち寄った宿屋にて将来の妻となるべき、お龍に出会います。お龍の妹が借金の形にヤクザに連れ去られたと聞いた龍馬わ、五両の大金を融通し借金の肩代りをしてやります。懸命の探索のすえ、ようやく龍馬わ以蔵を見つけ出しますが、折り悪く新撰組に出くわします。龍馬わ新撰組を引き受け、以蔵を逃がしますが残念ながら以蔵わ役人たちに捕縛され御用とあいなります。龍馬わ以蔵を救えなかった事に悔恨の涙をながします。一方そのころ土佐にて弥太郎わひたすら材木の商いに精を出していました。

今日わあんまりネタが思い浮かばないので粗筋紹介、、、でもまぁ一言二言つけとこうかね(*'-')

まぁ京都から大阪までそう遠くわないのですが、この頃ですから電車なんてありませんし、女の子の足でよく頑張りました飯屋の女の子。
近藤勇役の原田泰造さんが角度によって舘ひろしさん似に見えたのですが眼鏡買った方がいいのかな?
なんとかして以蔵ちゃんだけでも助けてあげたいですね、竜馬君の心情わよくわかります。タイムマシンの開発が急がれます、ちょっとまてドラマの話だよ、、、
それとやっぱり、女わ男の涙でズキュンなのですか?かないまへんなぁ(´з`)y-〜
あと事情わあるにしろ借金わしないに限ります。よしんばお金を返してもお金を返しただけの話しで、借りた恩わ残ります(銀行とかサラ金とか、商売で金貸しやってるのわこの限りでわありません)。どちらにせよ返せないような借金わ兎も角大変な事に成ります、自己破産があるとかそんな甘い事考えちゃいけませんよ、幼き頃の夜逃げ経験者かく語りき(´∀`)

以上、今日の龍馬伝でした。。。

あいく

前日]   [あいくの日記]   [翌日
- 詩人の部屋 -