ホーム > 詩人の部屋 > 里雨夜の部屋 > 投稿順表示

里雨夜の部屋  〜 投稿順表示 〜


[51] 質問です
詩人:里雨夜 [投票][編集]



「強がる」ということは

「信用していない」ということなのでしょうか


2007/03/09 (Fri)

[52] それは突然に
詩人:里雨夜 [投票][編集]

心と身体が喧嘩した


顔は笑っている
心は不貞腐れている

心は叫んでいる
頭は涙を塞き止める

些細ないざこざは
火花を散らし
やがて大きな爆発となり
培った色彩を
青のモノトーンだけにした



心と身体が仲直りする日

失った色は心へ戻り
浄化の涙が頬伝うのだろう


2007/03/14 (Wed)

[53] 月日
詩人:里雨夜 [投票][編集]

ねぇ

もし

もし
僕が想いを告げなければ

気まずくならずに

メルアドを聞けたのかな


月日に風化されず

はっきり好きだって想えたのかな



ねぇ

もう
胸は高鳴らないけど

恋だと明言できないけど




今の君を知りたい


そう想ってしまいます

2007/03/15 (Thu)

[54] ナミダ
詩人:里雨夜 [投票][編集]


どうして僕はこうなのか

どうして

こんなに心温まるのに

人の優しさで包まれているのに

涙は溢れない?





「泣いたところ見てみたい」
そう友が言う程に

僕は人に弱みを見せない





僕も泣きたいよ

感動した時

苦しい時

君たちの前で泣きたい






知ってほしい

僕は強くないこと

2007/03/17 (Sat)

[55] 懐かしむ
詩人:里雨夜 [投票][編集]

たとえば
いつもの通学路

生暖かい午後には

洗濯物が風に揺れている


たとえば
海沿いの住宅街

幾千もの時を過ごし

じっと潮風から人々を守っている




それは
僕らの人生

毎日を重ねて

たくさんの気持ちを学ぶ事


2007/03/22 (Thu)

[56] 最後の願い
詩人:里雨夜 [投票][編集]

ヤミに身を浮かべ

一人

悲しみも寂しさも判らず

ただ涙が溢れていた





諦めにも似た覚悟をして

夢を追いかけ続けると

誓いをたてた


それが

唯一の君と繋がりだから



悲しみや寂しさなんて

恐怖と共に覚悟の裏側へ

夢追う事が僕の支えなんだ



だから

とめないで

最後の我が儘を許して

ください




2007/03/22 (Thu)

[57] カオス-渦中の心-
詩人:里雨夜 [投票][編集]

僕に悩みがあるとすれば

素直でないこと



いくら人が羨もうが

凄いと賞賛しようが

僕は複雑で

有難うと笑ってはみるけれど

まだまだだと焦りを感じる




その焦りが時々

距離に思えて戸惑う



そして

雪が溶けて水となるように
漠然とした感情だけが溜り
すべてを海底へシズメル






ヒカリ トドカナイ

2007/03/24 (Sat)

[58] 告知
詩人:里雨夜 [投票][編集]

知っていますか


いくら丈夫な骨だって

中がスカスカだと

容易く折れてしまうんです




知っていますか


いくら強くみえる人だって

独りでいるならば

些細な事で崩れるんです

2007/03/25 (Sun)

[59] Colors-Gray-
詩人:里雨夜 [投票][編集]

好きで続けているのに

やればやるほど

楽しいを失っていく



心満たすのは

焦りと

劣等感






好きで好きで堪らなかった

どんなに辛くても

楽しいと思えた

あの頃の感覚







どこに落としてきたんだろう

2007/03/27 (Tue)

[60] ギターの調
詩人:里雨夜 [投票][編集]

どうして

こんなにも


切なく

淋しく


それでいて


どこかあたたかく


聞こえるのだろう

心に響くのだろう



2007/03/31 (Sat)
422件中 (51-60) [ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> ... 43
- 詩人の部屋 -