ホーム > 詩人の部屋 > あいくの部屋 > 日記

あいくの日記

2011年11月


1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30



<< 前の月次の月 >>

日指定

プロフィール
詩人名 : あいく
詩人ID : ai_ku
年 齢 : 36歳
性 別 : 男性
住 所 : 大阪

フィード

ワード検索

最新ログ

過去ログ
2020年05月(27)
2020年04月(30)
2020年03月(31)
2020年02月(29)
2020年01月(31)
2019年12月(31)
2019年11月(30)
2019年10月(31)
2019年09月(30)
2019年08月(31)
2019年07月(31)
2019年06月(30)
2019年05月(31)
2019年04月(29)
2019年03月(31)
2019年02月(28)
2019年01月(31)
2018年12月(31)
2018年11月(30)
2018年10月(31)
2018年09月(30)
2018年08月(31)
2018年07月(31)
2018年06月(29)
2018年05月(31)
2018年04月(30)
2018年03月(30)
2018年02月(27)
2018年01月(31)
2017年12月(30)
2017年11月(30)
2017年10月(31)
2017年09月(30)
2017年08月(31)
2017年07月(31)
2017年06月(30)
2017年05月(31)
2017年04月(30)
2017年03月(31)
2017年02月(28)
2017年01月(30)
2016年12月(31)
2016年11月(30)
2016年10月(31)
2016年09月(30)
2016年08月(31)
2016年07月(31)
2016年06月(30)
2016年05月(30)
2016年04月(30)
2016年03月(31)
2016年02月(29)
2016年01月(31)
2015年12月(30)
2015年11月(30)
2015年10月(31)
2015年09月(30)
2015年08月(31)
2015年07月(31)
2015年06月(31)
2015年05月(31)
2015年04月(28)
2015年03月(31)
2015年02月(27)
2015年01月(31)
2014年12月(31)
2014年11月(30)
2014年10月(30)
2014年09月(29)
2014年08月(31)
2014年07月(30)
20 年月(1)
2014年07月(30)
2014年06月(30)
2014年05月(31)
2014年04月(28)
2014年03月(29)
2014年02月(26)
2014年01月(29)
2013年12月(30)
2013年11月(29)
2013年10月(30)
2013年09月(28)
2013年08月(28)
2013年07月(27)
2013年06月(28)
2013年05月(31)
2013年04月(30)
2013年03月(31)
2013年02月(28)
2013年01月(31)
2012年12月(31)
2012年11月(30)
2012年10月(31)
2012年09月(30)
2012年08月(31)
2012年07月(31)
2012年06月(30)
2012年05月(31)
2012年04月(30)
2012年03月(31)
2012年02月(29)
2012年01月(31)
2011年12月(31)
2011年11月(30)
2011年10月(31)
2011年09月(30)
2011年08月(31)
2011年07月(31)
2011年06月(30)
2011年05月(31)
2011年04月(30)
2011年03月(30)
2011年02月(28)
2011年01月(31)
2010年12月(31)
2010年11月(30)
2010年10月(31)
2010年09月(30)
2010年08月(31)
2010年07月(31)
2010年06月(30)
2010年05月(31)
2010年04月(30)
2010年03月(31)
2010年02月(14)

立ちごけ
2011/11/02(Wed)

カナちゃんのビンディングペダル
デビュー戦わ大阪城の攻略でした
まぁ通いなれた道でさぁ
何の事わないさ寧ろ
ビンディングペダルの
ペダルを”回す”感覚の心地良さに
酔いしれていたしだいです
、、、と言いたいところですが
やっぱり一筋縄でわいきませんね
ロード初心者がビンディングにして
最初に必ず受けるべき洗礼
「THE立ちごけ」
さてまずビンディングペダルが
何者であるか簡単に説明しますか
靴とペダルを合体させるシステムです
スキーのブーツとスキー板を固定するように
バチンと靴の裏に付いたクリートと言う物を
ペダルにはめ込んで固定します
一度はめ込むと特定の動作をしない限りわ
ペダルと靴がはなれません
だもんですからぺダリング時に
踏むだけでなく引き上げる時にも
力が加えられると言う非常にお得な
仕組みになっておるわけです
で件の”立ちごけ”ですけどね
まぁわかると思いますけど
自転車停車した時に
ペダルと靴をうまいこと離せないと
地面に足がつけないわけですから
もー想像に難くないですよね
そのままバタンと自転車もろとも
転倒してしまうと言う事象ですわ

   ∧∧
 ノ∂∂ \
(_ )   l
 (    Ч〆


んで【あいくたん】もご多分に漏れず
本日1回の”立ちごけ”を見事に果たしましたと
で、本日の経験をもとに【あいくたん】
”立ちごけ”を分析したポイントを
幾つか上げておこうかなと
今後の自転車技術向上のためにも、、、
さて、まず”立ちごけ”の
最大の重要ポイントですが
「激しくカッコ悪い!!」
と言う事ですね、、、、
はい技術的な問題など二の次です
かつ単にカッコ悪いでわなく
”激しく”が頭に付くところが重要です
どーゆ〜事かと言うとですねぇ
”立ちごけ”そのものだけ取れば
まぁそれほど気にする事もないのですが
”立ちごけ”が起るシチュエーションにわ
”立ちごけ”のカッコ悪さを助長する要素が
てんこ盛りになっているのですよ
一つわ”立ちごけ”が必ず停車時に起るという事
だって走ってる時にコケたらそれただの落車です
落車だったらまだね、果敢な攻めの結果とか
まぁなんか納得もいきますよ、、、
もちろん落車などしたくもないですが
で、停車時にコケるとなるとですね
周りで見る人からすると凄く不思議な光景です
まぁコケる本人もすごく不思議な気分ですけど
”止まってるなら足をつけばいい”
当たり前の思考なんですけど
ビンディングペダルでわ当たり前に行えない
公道の交差点で周りで見てる人わ大概
ビンディングペダルがなんたるかって
そーんなに知ってる人わいないでしょう
ですから周りの人々の頭の上に”???”
と成ってるのが目に見えるのですよ
衆人衆目の自転車に関する認識の無いことが
第一の”激しく”をもたらす要素
で次にですね、ロードバイク乗ってて
しかもビンディングペダルまで装着してる
となればもー格好だけわそれわもー
いっちょう前の自転車乗りに見えるわけです
先ほどの”公道の交差点で周りで見てる人々”からすれば
格好だけ見て”この人わ自転車のプロだ!!”
と、大袈裟かもしれませんが
それぐらいの目で見られると言ってもいいでしょう
そんな風に見えるひとが何故こんな状況で?
と言うところにもって無様にひっくり返るのです
もーその光景を見るや唖然とする事でしょう
まーこれも衆人衆目の自転車に関する
認識のどこか偏っているという、、、
ってなんか衆人衆目のせいにばかりしてますねw
でまぁ再三”公道の交差点で周りで見る人”って
そんな風に言ってますけどね
停車しなければいけない場所てつまり
他の人もとまって人が溜まりやすいって事です
衆人衆目の数わ必然的に多くなりやすいと
とまぁ、立ちごけが”激しく”カッコ悪い理由を
つらつらと並べ立てましたけど
なんかコレだけで異様に長くたってしまったねΣ(゜Д゜)
立ちごけに関してもちょっと建設的な
分析ポイントあるんだけどそれわ明日にしときますかwww

ジーパンが擦り切れてぼろぼろなんで
さすがに新しいジーパンを新調しようと
午前中に買いにでかけたわけですが
目当てにしていたジーパンメイト、、、
店の前まで行ってみたら
なんか薬局にかわってる、、、OTZ
いやまぁ2年くらいわ行ってなかったけど
まさか無くなってるとわおもわなんだw
でしょうがないので百貨店の中にある
うにくろに行ってみました
【あいくたん】今までうにくろ行った事
なかったものですからちょっとドキドキです
あーでも安いねぇ〜(´∀`)
ほんと安いわぁ、こりゃうにくろが
幅利かせてる理由もよくわかるわぁ
でも【あいくたん】服飾の専門家ぢゃないし
物の良し悪しばっかりわ実際に着て見ないと
わからない人なんですよねぇ
一応それなりのジーパンしつらえてみたんで
この1本が最低でも2年以上もつ事を
期待して止まないところです
4000円ほどのジーパンぢゃ無理かね?
エドウィンとかリーバイスとか
そんなんからしたら半額以下ですからねぇ
折角ですから浮いたお金でちょと本とか
買ってみたりしたりして
宮部みゆきさんの”おまえさん”
宮部さんの本買うのも久々だなぁと
衝動買いっすねぇ(*'-')

あいく

前日]   [あいくの日記]   [翌日
- 詩人の部屋 -