ホーム > 詩人の部屋 > 新着順表示

新着順表示  〜 新着順に10件ずつを表示しています 〜


[197089] 僕の長い髪はどこまでも続くのです
詩人:nakajisan [投票][編集]

シャングリラ

人生は
野球盤の中の方ですか
外の方ですか
誰も僕の球をとってくれない
キャッチボールしたいな

ねぇ木のペンギンさん
人生は
その水族館の中の方ですか
外の方ですか
いつから水が干上がったんですか
餌をあげたいのにな

当たり前のことは
この際言わないで
そうでしょ
わかり切っていることの
答え合わせ

シャングリラ
僕が伸ばすのは
手の方ですか
足の方ですか
右から左へ
ムーンウォーキン
時間は進むよどこまでも
左から右へ
ムーンウォーキン
後退してるわけではなく
交代するかもしれないの

長髪は伸びて伸びて
続くよ、続くよ、どこまでも

あぁあ贅沢だな
行きたい場所が見つからないんだもの
億劫億劫
ねぇ、シャングリラ













夕焼け小焼けに青空夜空、
虹も見たなら分かるでしょう?
林檎が黒く見える事。

私の心がうねりをあげて
アップアップとしてる時
表の顔見て早合点



それは私の名前じゃない
その一言で決めつけて
片付けようとしないで下さい

2021/02/28 22:40



[197088] 日誌(21/02/28pm)
詩人:みんなの掲示板 [投票][編集]

※ご利用にあたっては「みんなの掲示板」第一番目の投稿「みんなの掲示板について」を必ずご覧ください。




らんなうぇい

2021/02/28 19:02



[197087] 夜空の下で
詩人:nakajisan [投票][編集]

ほーしが
 ほーしが
ほーしが
 ほーしが
ほーしが
 ほーしが
きーれい
 だーから

ぼーくは
 ぼーくは
ぼーくは
 ぼーくは
きーみに
 きーみに
あーいに
 いーくよ

もく もく とあ がる けむ りと
 なが れぼ しが せっ ぷん した
きみ はひ とり くゆ らせ ると
 ぼく はう まれ てて をひ くよ
きみ はけ むり をな がめ ては
 ひと りの いみ をか んが える
ため いき まじ りの けむ りは
 なが れぼ しに くち づけ した
あい たい ひと がい るの なら
 ぼく はま よわ ずて をひ くよ

ごーらん
 ごーらん
ごーらん
 ごーらん
きーみの
 みーたい
けーしき
 のーなか

きーれい
 きーれい
きーれい
 きーれい
きーれい
 みーえた
きーみの
 こーころ

あた たた あた ため たこ ころ
 なが れぼ しに のっ てゆ くよ 
きみ がみ たけ しき がき れい
 ぼく がみ たけ しき がき れい
こん やぼ くは ねむ れな いな
 こん やぼ くは ねな いか もね
きれ いが りん くし てね むる
 こん なき ょう かん がす てき
もう けむ りは さよ うな らさ
 おな らも もう がま んし ない

おならももぅ がまん しない
きれい
 きれい 
きれぃ

2021/02/27 17:07



[197086] 日誌(21/02/26pm)
詩人:みんなの掲示板 [投票][編集]

ご利用にあたっては「みんなの掲示板」第一番目の投稿「みんなの掲示板について」を必ずご覧ください。


定期周知
「みんなの掲示板」わ「詩人の部屋」内における掲示板機能を感想板を利用して果たそうと思ってたりします。色々使ってみてください。

※私こと「あいく」さんは「みんなの掲示板」を管理(自称)してる「詩人の部屋」の一登録詩人であり、「詩人の部屋」の管理者では御座いませんです。ご注意とご理解宜しくお願いいたしますm(__)m

2021/02/26 21:43



[197085] 通り雨の恋
詩人:尻尾まであんこが詰まってるたい焼き [投票][編集]


たとえば 私が命がけで
愛したいと思う人に
この先出会えたなら
恋に落ちるのかな

あなたにとっての幸せが
私にとっての幸せに
なったならいいなと思う

愛する人が笑ってくれたなら
それだけでいいとさえ思う
そんな気持ちになれたなら

ラブソングなんか歌えないや
愛してるなんて言えない

だから いつも通り雨の恋だ。

2021/02/26 18:44


[197084] リバーブ
詩人:EASY [投票][編集]

お前は不幸だな
何故かって?

金に、操られているからだ


お前は不幸だな
何故かって?

命に、支配されているからだ


お前は幸せだな
何故かって?

単に、不幸だからだ

2021/02/25 22:42



[197083] 流星群
詩人:尻尾まであんこが詰まってるたい焼き [投票][編集]


今日は 久方ぶりに 
あいつが町にやって来る

なんとかっていう流星群だ 見逃すわけにはいかないよ 
スカートを風に揺らしながら
君は自転車の後ろで
双眼鏡片手にはしゃいでる

いくつかの宿題を残したままの
夏休みは ただあっという間に
過ぎていった 

絵日記は書きかけのまま

もう二度とないこの瞬間を
幾重にも際限なく繰り返して
まばたきをするたびに
移り変わる場面
交差する感情

取り残されたように
ぽつんとある
無人駅のそばのベンチで
ただ夜を待った
僕らはただ夜を待った

未来ってさ たぶん
あの星より遠いんだぜ
そんなことでいくらでも
笑いあった。

2021/02/25 19:57



[197082] 日誌(21/02/24pm)
詩人:みんなの掲示板 [投票][編集]

※ご利用にあたっては「みんなの掲示板」第一番目の投稿「みんなの掲示板について」を必ずご覧ください。




フォーカスがずれている

2021/02/24 20:41



[197081] 砂嵐の中で出会った2人
詩人:nakajisan [投票][編集]

何万歩より距離のある一歩
だったっけ………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………
確かに、人にその気がないならば
30センチでも果てしなく遠い
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………
なぁ、僕は動かねぇよ……………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………
すぐ側にあるお前の笑顔まで
果てしない距離さ…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………
声も届いていない……………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………
顔が見えるのに……………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………
…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………
会えていない
………………………………………め…………………………………………………てて………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………
すねるな
歩け
太陽






















2021/02/23 21:59



[197080] 愛してるのタイミング
詩人:尻尾まであんこが詰まってるたい焼き [投票][編集]


君が笑ったら どんな悲しいことさえも見えなくなるような
そんな気がするんだよ

雨上がりに虹が架かるのを
知っている僕たちは
夜が明けるのを待ちながら
煙草を吸ったね

情けないくらいが 丁度いい
カッコ悪くても
ただ一生懸命生きてる
そんなあなたが好きなんだ
手持ち無沙汰な僕に君がくれた光

愛してるなんて きっと
恥ずかしくて言えやしないから
ただ手をつなぐだけ
こんな風に二人でいる時間が
いつの間にか 当たり前になっていくんだね 

その時に言えるかな 愛してる
今はただ、静かに
幸せだよと頷くだけ。

2021/02/23 17:09
5487件中 (1-10) [ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> ... 549
- 詩人の部屋 -