ホーム > 詩人の部屋 > 新着順表示

新着順表示  〜 新着順に10件ずつを表示しています 〜


[195372] 
詩人:gof [投票][編集]

俯くなら 街は小石

笑うことの尊さよ

人の恨み辛み 愚痴 弱み

安易な世界で 楽になるなよ

口は真一文字
雪道を踏みしめる道

自分が成長することとは
人に優しくできること
したいこと

明日 苦み潰した会社の仲間たちに
お菓子と共に
いつも、ありがとうと伝えるよ

肝心なのはモノじゃない
言葉と想いだけだ

誰もいない凍てついた
スケートリンクに寝そべって
星はみえるかい?今夜

その寒さを分かち合って
ぬくもりを共有し合える
日々はあるかい?

荒んで這い蹲って食いしばって
可愛いチョコレートを
一緒に食べる日常のために

今日も 今夜も
俯きのしぐさから
まえむくよ

2019/01/29 21:41



[195370] 微熱
詩人:尻尾まであんこが詰まってるたい焼き [投票][編集]


君は僕のこと 好きじゃないけど
僕は君のこと 好きなんだよ
いつかは君も僕のこと好きになってくれる
眠れない夜を 何度も数えながら
流れ星に祈ってみたりしたけど
何も変わらないことを知りました

愛してる きっと死ぬまでおのぼりさんだ
この熱はきっと冷めない 冷めない方がいい。

2019/01/28 21:03



[195369] 
詩人:尻尾まであんこが詰まってるたい焼き [投票][編集]


家の鍵をなくしてしまった
鞄の中にも
財布の中にも
ポケットの中にもない
どこへ行ってしまったの
出てきておくれ
ひと昔のキャラクターの
キーホルダーがついてる家の鍵

カムバックマイハウスキー
カムバックマイハウスキー
名前を呼んでも返事はない
そもそも名前をつけちゃいない
いとしのマイハウスキー。



2019/01/28 20:52



[195368] 微笑みの夢
詩人:EASY [投票][編集]

柔らかい曲線は
母なる母性をくすぐって

長男的なこの僕は
フェルメールに憧れる


太陽たちと呼ぶほどに
恒星たちは近くなく

それでも夕日に黄昏て
僕は小さな人生を


力いっぱい振り絞り
何だかんだと微笑んだ

2019/01/28 20:43



[195367] せっかく
詩人:みなみん [投票][編集]


私はせっかくという言葉が苦手だ
せっかく来たんだから、とか
せっかく会ったんだから、とか
なんだかもう
それだけでハードルが上がってしまっているようで

話すどころか
愛想笑いもできやしない
あぁ御免なさい
心から思うよ

いつも私は人をがっかりさせる
自分も自分にがっかりする
帰り道は不思議と面白いことが浮かぶのに

なんでしょう
授業中の私語は弾むのに
続きをカフェでとなると
熱が冷めてしまうし、
体育の授業は運動場で
砂をいじって座ってるけど
休みの時間にわざわざ
砂をいじりには行かない
そんな感じ

こういうのを不器用というのだろう
思いとは裏腹に、素っ気ない態度が出てしまう
突かれれば、突かれるほど
口を閉ざすイソギンチャクみたいだ

できることなら、人を笑わせたいし
楽しい時間を共有したい
話しかけてくれた人たちを
ウザいだなんて、とんでもない

どうしたら良いかわからないよ
とほほ
迷路に迷い込んだみたいだよ
せっかくだから、迷いに迷ってみましょうか
いつかゴールも見つかるさ
とほほのほ

2019/01/28 17:45


[195366] キャッチボール
詩人:ふくざわゆいと [投票][編集]

なにげない会話そのものが



言葉というボールを投げて



受け止め 投げ返していくものだとするなら



やっぱり 相手が取りやすいように



ボールを投げた方がいいよな



反対に



相手が投げ返してきたボールが



遠くへ転がったり ほんの少し届かなくても



自分が走って 手を伸ばしたらいいよな



それがたとえ どんな会話だとしても





この気持ちを 忘れないでいたいな

2019/01/28 05:31



[195365] 1月10日
詩人:里雨夜 [投票][編集]

お腹の中に感じていた君が
この世界に出てきた瞬間
なんとも言えない悦びが込み上げた

思えば

つわりは軽く
立ち仕事で無理しやすい私に愛想尽かさずいてくれた妊娠期

初産にも関わらず痛みが最大になってから
30分程で終わった分娩


出生前からすでに親孝行な君
これから少しずつ返していくから


幸せになるために
一緒に成長していこうね

2019/01/27 22:28



[195363] たがい
詩人:ロマンス [投票][編集]


もう じゅうぶん
苦しんだはず

明日をみつめ
生きましょう



 

2019/01/27 18:04



[195362] たった一人の味方
詩人:音無詞 詩(元 小さな貝がら) [投票][編集]

辛い時優しい風が
君の髪を撫でてくれている
泣きそうな時も
高い空から温かい太陽が
照らしてくれる

誰一人友達居ないと
嘆くなと
私だけ一人ぼっちと
嘆くなと

心を照らしてくれている
この太陽がたった一人の
私の味方

雨の日は一休みしよう
お茶でも飲みながら
又晴れてくれるの
待とう

雨が止んだ後
虹が出るかも
しれないから
窓を見ながら

By 音無詞 詩
2019年1月作

2019/01/27 15:51



[195360] 背中
詩人:尻尾まであんこが詰まってるたい焼き [投票][編集]

ホームに溢れる
人々の中に
背広姿の痩せこけた男性
丸まった背中からなぜか目が離せない
今にも消えてしまいそうな
そんな雰囲気をまとっている

僕はなんとなく
心配になっていつも改札を出るまで
付き添うように見つめていた

名前も知らない 住所も知らない
好きなものも嫌いなものも
知っているのはいつもあなたが
僕と同じ電車を利用していること

血の繋がりもないどんな声だとか
服の趣味も得意不得意も
わかっているのはなんとなくどこか
僕と似ている背中をしていること。




2019/01/26 17:52
5253件中 (41-50) [ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> ... 526
- 詩人の部屋 -