ホーム > 詩人の部屋 > 新着順表示

新着順表示  〜 新着順に10件ずつを表示しています 〜


[196599] チャルダッシュ3
詩人:浜崎 智幸 [投票][編集]


泣きべそをかきながら あなたが走る

夕暮れを信じない あなたが走る

君がいま死んだって悲しくないと

強がりを繰り返す負け犬のあなた

夢をover ride!
踏みにじれ全て

もう誰の言葉も信じちゃいけない

悲しみだけ集めて微笑む――
そんな卑怯者になっていいから
夢をover ride!
踏みにじれ夢を

もう誰の名前も呼び捨てにさせない

悲しみだけ集めて微笑む
そんな卑怯ものになっていいから

………………………
《おことわり》

この詩の第2連には、心身に障碍を持つ人に対して著しく配慮を欠く語句が存在しています。

いくら比喩とはいえ、許されることではありません。

よって第2連の掲載は差し止めます。
――――――――
――――――――

2020/04/21 20:30



[196598] 超人
詩人:高級スプーン2020 [投票][編集]

延々と虐待の
動画を見せられているような
むごたらしい生だ
虐殺よりマシか?
測れるものか
剥ぎ取られたまぶた
避けて通れず
朝まで眠れず
眠りは浅く
起きても死体のよう
誰が何の為に?
創造も終末もない
想像上の死と引き換えに
誰の何の為でもない生を受け
虚しいけれど
否定的でも止まない声
うるさい
うるさい
うるさい
楽にさせてくれよ
なら
その血塗れの手はなんだ?
爪は剥がれ
真っ赤に染まる指
それでも
無い爪を立てて
もがいている
お前が私がお前が私
本当は苦しむのが好きなんだろう?
うるさい
だまれ
もうしゃべるな!
気が狂うまで
対話に苦しみ
痛み気が滅入り
それでも
誰でもない
虚構の屍を越えていく
死ぬまで苦しめ
苦しむのが生だ
止まない声はない
「私は死ぬから」
(お前は死ぬから)

2020/04/21 04:29



[196597] パズル
詩人:サエ [投票][編集]

完成するはずのないパズルを
しているみたいだ

完成しないのなら
投げ出して終わらせてしまえばいい

ピースが足りないとわかっているなら
始めからやらなくちゃいい

手をつけてから
足りないと嘆くのは見苦しい

手をつけてしまったのなら
穴だらけのパズルで
満足するしかないんだ

たとえ穴だらけで
何の絵なのかまるでわからなくとも
そうするしかないんだ

足りないピースの代わりは
できないのだから

2020/04/21 02:09



[196595] 恐怖よ笑え
詩人:250(悠) [投票][編集]

それは心臓から
だけど、きっと脳から
まるで虫歯のように

身体は隅々まで強張るのに
力は入らない
動く力は働かないのに
固まる力は過労死するまで四六時中

私が飛車・角でもクイーンでも
チョロQでもパチンコ玉でも
秒針でも
きっとその時は動けない。

とても不快なはず
なのに、不快と呼んだ記憶はない
不確かなものであるはず
なのに、頑なに思い込む私がいる

幻想と呼べたならどれ程幸せだろう

蜜…
蜜のようだ
なぜだろう
その蜜は苦味を帯びて
隠れている解放の快楽と
安堵の甘味を教えてくれる
頼んでもいないのに

蜜にすがってはいけない
その甘味を見出す姿は
あまりにも悲しい

「不確かなものであるはず」
そう、不確かなもののはずなんだ
「幻想と呼べたなら…」
そう、実は幻想なのかもしれないんだ

信じることと忘れることは繋がっている
忘れることができるほど、信頼に値する
そんな表現もあるのな

いい加減と良い加減の違いは案外いい加減
不完全な人間同士が見つけた絶妙な塩梅
そんな道理もあるのかな
あぁ、あるのかもな

"答え"とか"正解"に依存してはいけない

気づく瞬間は一足飛びに
その先には明け出した夜、やみ出した雨
きっと…そうさ…ね

もし、相手の求めているものが
怯え慄く私でないのなら
上記の文面を一度全部ひっくり返してみるよ
メンコみたいにね
恐怖よ笑え

2020/04/20 01:29



[196594] 幸い
詩人:尻尾まであんこが詰まってるたい焼き [投票][編集]


オレンジ色の空 つないだ手
伝わるぬくもり そこには
少しの謀(たばか)りも嘘もないよ

帰りたい そう思う場所が
世界にひとつあれば 
それだけで 幸せになれる

自分の為にある人生は
いつの間にかあなたの為の
人生に変わったよ 

階段の途中で荷物を
持とうかとたまに見せる優しさが
泣けるほど嬉しかったのか

立ち止まり泣いていた君
こんなことくらいで
大袈裟だと思った

だけど君が嬉しそうに
笑った瞬間 僕はあなたを
幸せにしたいと 思ったんだ。

2020/04/19 15:00


[196592] 
詩人:サエ [投票][編集]


結ばさらないって知ってて
繋がったのに
全部解ってて
ひとつになったのに
去り際も知らない愚か者

永遠なんて信じるほど子どもじゃないし
割り切れるほど大人でもなかった
ただ永遠を願ってしまった
あなたと見つめ合っていると
願えば叶いそうな気さえしてしまった

結局は心を気持ちを 愛情を求めて
彼は私の全てを欲しがった
欲しいものは手にしたはずなのに
握ってみると何も掴めていないことに気付く

声で姿で文字で 一時満たされても
ヒビの入ったグラスのように
穴の空いた鞄のように
満ちた想いは
あっという間に零れ落ちていく
恐ろしく燃費の悪い私
いつも想ってるって切り際の言葉も
心は側にいるって照れながら言った台詞も
響くとともに震えるほど嬉しいのに
どこか寂しさを覚えてしまう
気付くと途端に恋しくなってしまう
永遠なんてないって解っているから
やっぱり哀しいほど大人になっていたんだ

今胸が苦しい
割り切れるどころか
誰かを確実に傷つけた事実に
残り僅かな良心がひどく痛い
捌ける器もないのに手を伸ばすからだ

なのに後悔はしていない
支離滅裂な思考に自分でも呆れる
空腹なのに胃もたれしている今のように
私の恋は矛盾だらけだ
一旦決意してもすぐまた迷う
迷ったところで
サヨナラなんて言えるはずないのに

彼も私もずるくて悪い
けどどちらも中途半端だ
とことんずるくもなく
とことん悪者でもない
だから尚更厄介なんだろう

2020/04/17 23:33



[196591] 感謝のしかた
詩人:EASY [投票][編集]

あなたの幸せが
此処にある可能性に

私は感謝します


その幸せに
祝福をあげる誰かに

私は感謝します


あなたの幸せが
あなたに訪れるべき自由を

私は感謝します


あなたが私を憎んでも
私はあなたに感謝します

2020/04/17 20:44



[196590] トラップ
詩人:サエ [投票][編集]

あなたを失いたいなんて
無意味な強がりするから
ほらまたふたりは
離されそうになる

理屈じゃないと
分かっているから
離されても離されても
指一本で繋がっている

あなたに別れを告げられたなら
私は一言ありがとうと言って
去る準備はしていた
心が整っていたかは別として
あなたを困らせたくない
あなたに嫌われる勇気がない

今夜こうして全てを曝け出した私に
失うなんて無理だと言い放った
会えなくても心で繋がっていたいと告げた

改めて思ってしまった
この恋の為に
誰を傷付け
どんな嘘もつこうと

2020/04/17 02:11



[196589] いっく 不尽
詩人:ロマンス [投票][編集]

 
 
せきクシャミ


動作1つで視線で受け


イカリの念が
肺炎にする・・・





 ―ロマンス―

 

2020/04/16 21:09



[196587] 未完成人
詩人:高級スプーン2020 [投票][編集]

手を伸ばしても
根底までは届かない
流されていても
進んではいる
生きている間に
辿り着けない未来と同じく
生きてきた足跡も
始めの方は見えなくなった
後戻りも出来ないし
軌道修正しようが
思い描いた場所には
届きそうにないほど
道を外れてここにいる
すべて諦めてしまおうか
それがいい
それが幸せ
言い聞かせても
言うことを聞かない
手のかかる子どもがいる
お前はいつまで
ガキなんだ
大人になれよと
諭そうとする
俺は大人か
終わりが来る前に
区切りをつける
そうやって
いつも未完成のまま
夜な夜な世に出す
それがこれ

2020/04/16 03:54
5309件中 (101-110) [ << 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 >> ... 531
- 詩人の部屋 -