ホーム > 詩人の部屋 > 新着順表示

新着順表示  〜 新着順に10件ずつを表示しています 〜


[195860] 不意に、しない
詩人:宮本 刀寿(とうじゅ)  [投票][編集]

明るい農・漁業

ぼくも愉しむ


リラックスして りらくぜいしょん は、


ドーパミンの上にトッピングで

クアハウス的な   ゆったり感覚。



華やぎながら、「地味な社交家を目指そうか」(理想ですが)

そう言って、

マッサージ機に掛かりながら、

さらに    潮と海苔とを嗅ぎながら

将来の話をうれしくもありもしくは残念そうにしていた母親。


かおり・・・・・問題は残る。葉巻、煙管、煙草・・・・・




2019/07/27 18:31



[195859] あいのうたが聞こえるよ
詩人:尻尾まであんこが詰まってるたい焼き [投票][編集]


愛しているよ
僕は君を
壊れるほどに
身も心も
その唇に その髪の毛に
その手に
僕のすべてをささげたい

生まれる命の産声が
夜明けを告げるとき
僕にはあいのうたが聞こえるよ
幸せなんて知らない
意味も理由もなく
ただ抱きしめていたい
この思いに この喜びに
このときめきに
僕のすべてをかけていたい。

2019/07/26 20:28



[195858] 告白
詩人:尻尾まであんこが詰まってるたい焼き [投票][編集]


好きになった人を
笑わせたくて
だけどいつも
泣かせてしまう

大好きだ そう言葉にすることが
どうしてこんなにも
恥ずかしいのだろう

気持ちをさらけ出すことができない
自分の気持ちに正直になれない

君はきっと僕が打ち明けるのを
待っていてくれているんだろう。




2019/07/26 20:20



[195857] 夕日を自転車に乗せて
詩人:尻尾まであんこが詰まってるたい焼き [投票][編集]


優しさを忘れたら
きっと悲しいだけさ
傷つけるためだけの
言葉はもういらない

ただ誰かのために
そう思うこと
それだけに命がけになろう

今日もまた
知らない人が
知らない場所で
涙を流してる
そして笑ってる
そんな世界の明日へ
今日と同じ
きれいな夕日を運ぼう
自転車の荷台に乗せて。




2019/07/26 20:07



[195856] 雨に歌えば
詩人:尻尾まであんこが詰まってるたい焼き [投票][編集]


雨が降ってるだけで
憂うつな気持ちになるのは
多分雨のせいじゃない
仕事に恋愛に
難しいことはごまんとあって
上手く片付かないから
雨のせいにしてるだけだ

傘を開いて 頭の上で
ダンスをする雨粒たちの
ステップに耳を傾けてみよう

ラララ 世界は 丸いから
別れてもまたどこかで
出会えるだろう

つまりはそういうことさ

涙に濡れていた今日も
明日には笑顔に出会えるだろう
一歩進んで二歩戻るような
日々でも雨に歌えば
すべてがミュージカルみたいに
劇的に変わるから!





2019/07/26 20:00


[195855] ありがとう
詩人:尻尾まであんこが詰まってるたい焼き [投票][編集]


幼い僕を膝の上に乗せて
絵本を開いて
読み聞かせてくれた

思えば苦労をかけた数は
あまりに多すぎて
数えきれないんだ

ありがとうなんて一度だって
言ったためしはない

口では色々言うけれど
僕のことを心配してくれる人は
あなたくらいだ

おかえりなさいと笑う
あなたの笑顔をあと何度
見れるかな
愛しそうに僕の名を呼ぶ
あなたの声をあと何度
聞けるかな
さっきからそればかり考えてる

年老いた母は
老眼で針の穴に
糸を通すことができないと

愚痴をこぼした
最近やたらと怒りっぽい
物忘れが目立つ

それでも僕を気遣い
僕の幸せばかり気にしてる

私が死ぬまでには
お嫁さんと孫は見れるかしら

訳もわからず背を向けた
子供の僕も大人になり
それなりに背も伸びて
余計なことも大切なことも
学んで来たはずだ
今なら迷わずありがとうが言える

涙に濡れた思い出が
過り窓に映る
楽しかったこと
悲しかったこと
どの場面にも必ず
あなたがいる 僕の影のように
いつでも寄り添うように

おかえりなさいと笑う
あなたの笑顔をあと何度
見れるかな
愛しそうに僕の名を呼ぶ
あなたの声をあと何度
聞けるかな
さっきからそればかり考えてる

迷ったら多分一生言えないまま
後悔しながら生きるんだろう
だから今言葉にするよ
「ありがとう」



2019/07/26 19:51



[195853] 夢 ゆら ふら
詩人:みなみん [投票][編集]

夢 ゆら ふら


Iam$のpassword
着信ラララ歌う夜
夢と嘘とは紙一重

夢、進化して目標に
嘘と訣別愛と$
止まらぬ嫉妬、糧にする

彼女はひどく怯えてた
真っ赤に染まる水面下

あの子の笑顔は、どこまでホントか

解釈次第で嘘になる

JとKの間に入れたがる輩
投げかけろQuestion
欲しいのはAnswer
革命起こしてピエロが笑う

ロマンチストと書いて
他力本願と読んだ
ロマンチストと書いて
嘘から出た誠と解いた

目標は諦めない姿勢
継続が物事をより深く掘り下げる
具体的なビジョンがより深部を突く

夢 ゆら ふら

人の犠牲の上に成り立つ“自由”
甘い蜜を吸い続けるヒト
その蜜を作る木を作る人のヒトリ、ヒトリ

夢 ゆら ふら と書いたなら
嘘とロマンと夢と目標
自分に酔っても呑まれるな

2019/07/25 22:43



[195852] NEL
詩人:gof [投票][編集]

夢は マリンブルーの海
疲れた手は 白銀灯の瞬きに解いて
忘れた歌は 廃れた町の雑草に隠れた

こんなにも 郷愁は
うだる夏の夜の浮遊船になって

彼女の匂いも 燻んだ色で足して
描いたキャンバスには 原型もなく

朝になれば 朝になれば
露なめた猫の鳴き声みたいに

か細くも 生きている
頼りなくも 生きてゆく

2019/07/25 22:35



[195851] 噂:残り香:またどこか
詩人:みなみん [投票][編集]

くしゃみを二回したなら
僕のせいだと思ってくれ
二回のくしゃみは悪い噂
だから全部僕の仕業だっ

ってことで
あ、ほら・

ほくろ・・・じゃなくて
くしゃみ一回は良い噂で
良い噂をX としたならば
くしゃみの数カケルX で
二回ならば二倍の良い噂

ってことで

ま、だから、、否が応でも
どこかで繋がっているのさ

またどこかで風が運んだ甘い
君の残り香でもかいでみるよ

2019/07/25 22:15



[195850] ないもあるも、ないもない
詩人:EASY [投票][編集]

隠すものは何もない
そもそもそこには何もない

何もないということを
咎めるものも何もない

それがあるということの
それの根拠は何もない

それがあるということを
否定できる、ものもない

2019/07/25 22:03
5700件中 (101-110) [ << 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 >> ... 570
- 詩人の部屋 -