ホーム > 詩人の部屋 > 新着順表示

新着順表示  〜 新着順に10件ずつを表示しています 〜


[195717] 生きる
詩人:EASY [投票][編集]

素直になれるんなら
苦しんだっていいじゃないか

僕たちはそのことにさえ
気づけない


それがその
意味だから


分かっていたら
そうしてなんかいないんだ

2019/06/10 20:06



[195716] いっく 忍耐
詩人:ロマンス [投票][編集]

 
 
罠のよう



笑みを振る舞うオフィス女子



顔の締まりを保つ闘い





―ロマンス―

 

2019/06/10 19:58



[195715] いっく 弱身
詩人:ロマンス [投票][編集]

 
 
今週も


敵は女人の笑顔だけ


そう言い聞かす
自分あわれよ





―ロマンス―

 

2019/06/10 18:44



[195713] いっく 視線
詩人:ロマンス [投票][編集]

 
 
観て死ぬは


街の女人と
オヤジたち


惚れた腫れたか
切った張ったよ





―ロマンス―

 

2019/06/09 19:01



[195712] 夏の魔物
詩人:尻尾まであんこが詰まってるたい焼き [投票][編集]


窓を開ければ
よみがえるあの夏の日
ただ笑ってるだけで
それですべてがゆるされた

そんな昔話は陽炎の向こう
今はもうふれることさえかなわない

いつまでも子供のままでいられると
思っていたんだ

青い空に溶け込んで
夢を見てる
電車の窓
遠ざかる景色

夏の魔物が笑えば
僕らは愈々
シャツに着替えて
夏の思惑に乗せられて。







2019/06/09 08:24


[195710] Y♡
詩人:ちぃふぁん☆ [投票][編集]

また人を好きになれるなんてね
思ってもみなかったけれど
ふとした事で巡り会って
二人惹かれあって恋に堕ちている

君への気持ちは隠さないけれど
重くならないように
離れないように
でも大好きな気持ちは強くなってしまう

これ以上は求めてはいけないから
愛してしまうのは怖いの
あの時流した涙君は気づいたかな
胸が少し苦しい
でもそんな事は言わないよ

こんな気持ちを綴ると
また重くなってしまうかな
でもね好きなんだよ大好きなんだよ
さっきまで会っていたのに
またすぐ会いたくなってしまう病だね

ありがとう出会ってくれて
ありがとう好きになってくれて
まだ始まったばかりだけど
同じ月日を重ねて生きていたい

胸がとても苦しい
でもそんな事は言わないよ
君は幸せも胸の痛みもくれる人
想いはまだ止まりそうにないです

2019/06/08 12:24



[195709] いっく 賭博
詩人:ロマンス [投票][編集]

 
 
缶コーヒー


自販機ゾロ目カスらせど


逆に当たれば


不吉恐るる





―ロマンス―

 

2019/06/07 19:48



[195708] 晴れのち雨
詩人:尻尾まであんこが詰まってるたい焼き [投票][編集]


泣いている人のそばで
手を駒根いてなにも
出来ないけれど
寄り添うことが優しさなら
それもまた愛だろう

見返りがなきゃなにもしない
人にだけはなりたくなくて
お金では買えないものを
探したけどお金がなければ
生きることさえ出来ないと気づく

人間だけが人のために
涙を流せるんだよ

死にたいと思う日もあれば
生きたいと思う日もある
晴れのち雨でまた晴れる
どうせ後悔するなら
生きていたほうがいい

雨上がりの空に架かる
虹のように生きていることを
心から喜べる明日に出会える。


2019/06/06 20:42



[195707] 楽園
詩人:尻尾まであんこが詰まってるたい焼き [投票][編集]


頑張ることは何も
無理をするってことじゃない
努力をすれば誰でも
報われるって言うけど
報われるだけの努力は
血反吐を吐くくらい
苦しいものだろう

楽をしたがることは
怠け者だと言うけど
楽をしたいのは誰でも
同じで苦しい思いをしてまで
何を僕らはしたいのか
わからないのはお互い様で
理解を求めてさすらう旅烏

愛されたいと思えば思うほど
愛されることはなく憎まれて
欲しいものはいつも手の届かない
場所で利口な誰かが独り占め。





2019/06/06 20:31



[195706] 勇気の旗印
詩人:尻尾まであんこが詰まってるたい焼き [投票][編集]


失敗したって笑い飛ばせばいいんだよ
そんな日もあるさと笑い飛ばせばいいんだよ
晴れの日ばかりじゃないのさ
雨に降られたと思えば少しは楽さ

つまずかないように歩こうとすると
肩肘張ってしまって
楽しいはずの毎日が
辛いだけの毎日になる
今日だけでも笑った数を数えたら
片手で足りてしまうくらいだろう

きれいごとはさておいて
逃げることを悪とは呼ばず
呼吸するのと同じように
一息ついてひとやすみすれば
昨日よりも空が心なしか青い

胸の中に 揺れてはためく
勇気の旗印 掲げて
今声を大にして僕は叫ぶ。

2019/06/06 18:18
5583件中 (101-110) [ << 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 >> ... 559
- 詩人の部屋 -