ホーム > 詩人の部屋 > 新着順表示

新着順表示  〜 新着順に10件ずつを表示しています 〜


[195468] 山あり谷あり人生
詩人:NONAME [投票][編集]

♪ひとつ越えたらほんだららっかホイ
ほんだらら ほんだらら
ほんだららっかホーイホイ
難関はかりだほんだらら
難問ばかりだほんだらら
苦悩ばかりだほんだららっか
苦悶ばかりだホーイホイ
山を登ればほんだらら
谷を下ればほんだらら
風に吹かれてほんだららっか
雨にうたれてホーイホイ
意味は知らんがほんだらら
興味も無いがほんだらら
生きて行かねばほんだららっか
先は見えねどホーイホイ
人生人生ほんだらら
苦しみ悲しみほんだらら
喜び少しほんだららっか
幸せ少しホーイホイ
生きてけ生きてけほんだらら
死ぬまでも少しほんだらら
ほんだららっかほんだららっか
ホーイホイ
ホーイホイ

2019/03/08 20:40



[195466] 私が私でいられるように
詩人:音無詞 詩(元 小さな貝がら) [投票][編集]

化粧もしていない
髪も湿気てボサボサだけど

不器用で
上手くも話せないし
美人でもなく
可愛くもないけど

貴方の前では
素直で居たい
貴方の前では
飾らない
私のままで居たい

重いと言われたくない

見苦しくても

疲れた心
抱きしめていて

抱きしめてくれないと
壊れてしまう

このまま
ずっとずっとずっと
抱いていて

朝になろうが
昼になろうが
夜になろうが

ずっと
抱いていて

私が壊れないように
私が私で
いられるように

By 音無詞 詩
2019年3月作

2019/03/07 07:50



[195464] 人の黙らせ方
詩人:EASY [投票][編集]

裁判員に選ばれても
行かない理由は

宝くじの1等を
もらいに行かない理由と


同じだから仕方ない

2019/03/06 20:15



[195463] 神の覗き方
詩人:EASY [投票][編集]

神が秘密にしてるのは
確か過ぎる不可思議さ


上映されるレトロ感
空っぽな孤独感

高揚を促した
戦地で笑う子供たち


楽に豪華なセレブリティ
一攫千金ギャンブラー

山に隠って空中浮遊
でき損ない故ラブピース


みんな持ってる初恋は
エナジーシートで真っ赤っか


ピンク色した子供には
万国共通甘い菓子


本気で努力してみたら
本気で才能見失う


最先端じゃ届かない
そんなふすまを開けてみた

2019/03/06 20:07



[195461] 黒の組織
詩人:平成最後の高級スプーン [投票][編集]

アイツは神経質で
細かいところまで
目につき気を配れるから
出世したよ
それから
先週から来ていないのは
心が病んでしまったから
責任感の強さが
精神的な弱さにリンクする
アイツを含めて何人目だろう
休めば休むほど来れなくなるよな
それを責めたりはしないけれど
ひとりひとりの負担だけ増えていく
そして
誰も居なくなった
そんな会社にいつまで勤めようか

2019/03/04 02:24


[195460] 隠れん坊
詩人:尻尾まであんこが詰まってるたい焼き [投票][編集]


何が愛だと疑いを持つときから
僕の中に生まれた小さな世界との距離

あなたを愛するというただそれだけのことが
いつの間にか 仕事みたいになっていた

向き合ったまま 目をそらさずに
いつまでいられるかな 試されている

鏡に映った自分の姿に 影がないのは当たりまえ
魂に内包された醜さや邪な感情が隠れん坊してる。





2019/03/03 15:49



[195459] 65
詩人:尻尾まであんこが詰まってるたい焼き [投票][編集]


風が穏やかな日の
高速道路には
窓の外を流れる景色が笑ってる

なんにも心配なんてない
それだけで世界はLOVE&happy

止まらないスピードで
アクセルを踏み込めば
流線形になって

地平線に沿って波が踊る

夜が待ち遠しい トキメキが近づく。






2019/03/03 15:40



[195458] 会話
詩人:尻尾まであんこが詰まってるたい焼き [投票][編集]


机をはさんだ 向こう側の朝へ
光を散らした夜の空を
瞼の皿に乗せて食べる

意味のない会話でも
退屈を紛らすなら丁度いい

まるでフロイトの世界
数字ばかりの分厚い本。

2019/03/03 15:05



[195457] キリンジ
詩人:尻尾まであんこが詰まってるたい焼き [投票][編集]


山になったティッシュ
僕から出た分泌物
眺めては 愛しそうに微睡んだ

キリンジの歌が耳に沈む
午後の昼下がり
意味や理由などいらない

ただ感じる美しさや醜さを
言葉にしただけのメロディは
明日の向こうへ僕を連れてく。







2019/03/03 15:02



[195456] 歌舞伎町
詩人:尻尾まであんこが詰まってるたい焼き [投票][編集]


光が群れをなすここは噂の歌舞伎町
エロと恥じらいが隣り合う町 歌舞伎町

眩しく見えるのは 夜のせいだ
女体のエレガンス 私、あなたの虜ザンス

確かその角を曲がれば馴染みの店が

大人の快楽が住まう町 歌舞伎町
飲み屋横丁 夢踊る 歌舞伎町。




2019/03/03 14:47
5389件中 (101-110) [ << 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 >> ... 539
- 詩人の部屋 -