ホーム > 詩人の部屋 > 新着順表示

新着順表示  〜 新着順に10件ずつを表示しています 〜


[196220] クリスマスの街
詩人:尻尾まであんこが詰まってるたい焼き [投票][編集]


通りを歩く たくさんの人
それぞれが抱えてるもの
寒そうに震えながら
今にも雪が降りそうな
空を見上げながらため息吐いてる

いつもはまばらな駅前も
今日はなんだか人通りが多いな

忙しすぎるから
恋をしている暇もないや
クリスマスの街に
ジングルベルが鳴る

セールのケーキをひとつ
買わされたよ

最近笑ってないや
冗談のひとつも言ってないや
大好きなあの人に
思いを伝えようか

巻き戻せない時計を
あの日に戻して。








2019/11/23 23:03



[196216] シアワセノトラウマ
詩人:NONAME [投票][編集]

イマノシアワセハ

カコノシアワセヲコワシテ

テバナシタサキノシアワセ

イマノシアワセヲコワサズニ

シアワセニナル

ジシンガモテナイ

2019/11/22 09:55



[196213] 
詩人:みなみん [投票][編集]

結婚線

利き手の反対の手
そこの、小指の
第三関節(指の付け根の線)を50歳として
感情線を0歳とする

この小指の第三関節から
感情線の間にある線の位置で
一番相性の良い異性との出会いがわかる

適齢期婚線というらしい
例えば、真ん中ぐらいに線がある人は
25歳くらいが適齢期だ

感情線の近くに線があるほど早婚で
小指第三関節の近くに線があるほど晩婚と言われる

ちなみに、この線が多い人ほど気が多い
一本、しっかりある人は一途さん





真っ新なアスファルトの上で
目玉焼きみたいになっていた
ついさっきまで、夏だったのに
もうクレヨンの匂いはしない

光は手放すと、どこまでも翔けていく
やがて天の川にでもなるのだろうか
そんな季節じゃないけどさ

七夕の願い事も叶えてあげたのにな
今じゃあクレヨンの匂いが懐かしいや

慌てん坊のサンタクロースさんに
彼の欲しいものを尋いてみたい
私で良ければ、代わりに渡してあげる

彼はその日、多分夜勤だから
慌てて渡さなくていい

時間が欲しいなんて、悲しいことは言わないで
夕焼け小焼けの夜勤明け。に、
また会いましょう30分だけ

線が消えないから
その間だけ
繋がっていてくださいな

2019/11/19 14:18



[196212] Oh!! ユニバ!!
詩人:みなみん [投票][編集]

んーだべなぁ
ごめんねごめんね(?)
やっちゃーべ

てやんでい
おとといきやがれ
べらんめえ

すっきゃねん
ホンマでっかぁ
ほぅでっか

そうじゃけい
でれぇーえれぇーがぁ
カープじゃけ

とっとっと
よかばいよかばい
なんかいな

めんそーれ
なんくるないさぁ
なんでかね





私の字
相変わらずの
生煮えを
お許しください
書き直すので

2019/11/19 11:26



[196211] バーチュオーゾ
詩人:NONAME [投票][編集]

俺なんかは真似事だ

生まれたての君こそバーチュオーゾ

拙い言葉で

幼い手足で

歩みはじめたその人生こそ新しい美しいメロディー

俺の人生なんて真似事

かの大楽聖も君の奏でる輝きには敵わない

新しい世紀が

新しいバーチュオーゾの誕生を祝福されますように

どうか御加護を

2019/11/19 08:14


[196210] このなか
詩人:理恵 [投票][編集]




一人でいいの



一人がいいの





2019.11.19

2019/11/19 02:24



[196209] 不可能はある
詩人:みなみん [投票][編集]



私ほど恥をかいた人はいないと思っていた
しかし私よりずっとずっと恥をかいてきた人がいた
その人は私よりずっと物知りだった
そして私はその人を尊敬している

(わからない時間)−(考えた時間)=(分かった実感)−(恥の数)
いや、この式は成り立たない。意味もわからない

粘土の頭に分からないのネジ
いっぱい、いっぱい刺しこまれている
ちょっと見た目も気持ち悪いし
ネジを一個一個、抜いてしまいたい

えぇと、、、
ネジはネジで、
クリクリ回せる所に入れていくと
今度は気持ちよく収まって
分からないのネジが
分かったのネジになる、、

でも、ネジを粘土に刺しちゃいけない
なんて言うのはナンセンス

分からないことを
分からないって言えて
分かることを訊かれた時に
恥と一緒に話せるあなたは
ナポレオンにもなれそう
な、気がした
いや、ナポレオンのこともよく知らないんですけどね

2019/11/18 23:44



[196207] 今(ティージー)
詩人:みなみん [投票][編集]





今だけなんだ
いつだって

今だけ限定
今だけ限定
でもそれは
今を大事に
いつだって

今だけの話 

今だけの話
今だけの話
でもそれは

今を大事に
今を大事に
今だけ
今だけ

ヘラヘラすんなよ

今しか生きられない私たちは
時間の呪縛から抜け出すと
そこは宇宙空間になって
時計止まって
少しでも自我が作動すると
摩擦熱で一気に燃えて
消失する

ヘラヘラ、終わった?

今だけ
今だけ
今を大事に
今を大事に

でもそれは
今だけの話
今だけの話

今だけの話

いつだって
今を大事に
でもそれは
今だけ限定
今だけ限定

いつだって
今だけなんだ



2019/11/18 23:15



[196206] 独占欲
詩人:みなみん [投票][編集]

作戦をたてたの企てたの

大金持ちになれなくてもいい

名声なんて くそくらえだった

唯一
唯一
その個体
その個体が
欲しい
欲しいのさ
欲しいのさ 欲しいのさ
狂おしいほど
お分かり頂けるかしら

プライドなんてない
聞き上手になんて、なる必要ない
ただ、あなただけ
あなただけあなただけ欲しいのよ
唯一唯一
その心が
その心が
その心が
欲しい
欲しいのさ
欲しい
欲しい
欲しい
愛おしいの
分からなくていいょ

あなたの遺伝子は
いつから始まり
いつになったら
終わるのかしら
考えるだけで
そわそわしちゃう
唯一
その命
その命が
欲しい
欲しい
欲しいのさ
欲しい
欲しい
欲しい
欲しい

唯一唯一
欲しい
欲しい
欲しい欲しい
欲しい
欲しい
欲しい
欲しい
「欲しいのよ」


2019/11/18 22:06



[196205] いっく 落込
詩人:ロマンス [投票][編集]

 
 
乞う至福

十六夜(いざよい)も失く
宵いの病み

猶予(いざよ)う月夜

冷酒いざなう





―ロマンス―

 

2019/11/18 19:11
5147件中 (191-200) [ << 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 >> ... 515
- 詩人の部屋 -