ホーム > 詩人の部屋 > 理恵の部屋 > 日記

理恵の日記

2019年02月





1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28


<< 前の月次の月 >>

日指定

プロフィール
詩人名 : 理恵
詩人ID : Sakura1ie

フィード

ワード検索

最新ログ

過去ログ

これは詩ではない、詞である。28
2019/02/09(Sat)

ふわりと浮かんだ白い雲を見てた
気づいた君は少し肩を突っついた
ノートのすみっこにめちゃくちゃな似顔絵
笑ってバレて怒られて二人目配せした

放課後 部活の音に紛れて履き替えた靴
一人で正門を潜る そんな時にも

教室の窓から
君の呼ぶ声を思い出すよ
もう戻れはしないあの日を
胸の中に刻んで

2度目も3度目も桜が咲く頃は
教室の中が少し変わっただけだった
同じ屋根の下黒板に向かった
終わりのチャイムは君との時間の始まり

いつでも隣にいること それが当たり前になってた
今年の桜はいつもと違う春の訪れ

胸に飾っている
花が笑いかけているよ
もう戻れはしないこの道
踏み出した今日の日

教室の開け放した窓から 足早な春風が抜ける
終わりのチャイムが最後の校舎を包んでく

またどこかで会おう
涙目の君が笑うから
僕ももう泣いたりはしない
その日まで笑顔で






理恵

これは詩ではない、詞である。29
2019/02/22(Fri)

ひだまりの中で片方のイヤフォンをさしだす君の
キラキラした目は違う人を見てるのに ずるいよ

ヴィンテージもの真似たGパンを履いて
べつになんて年上気取ってみるけど

僕が主人公じゃなくても
君がヒロインじゃなくても
紡ぐ物語がそこにあるでしょ?
タイムリミットのその先の
25時の星空に
失くした恋に泣かないこと誓った
だから、ごめんね。もう、行かなきゃ


別ver.

ひだまりの中で片方のイヤフォンをさしだす君の
キラキラした目は違う人を見てるのに ずるいよ!

年上のあの人に敵わないことばっか
もしも僕がこの話の主人公じゃないなら

僕はヒロインに別れを告げて
このフィクションは終わっていく
失くした恋に泣かないこと決めた
だけど決意の先に行く前に
言わせてよ 君が聴かせてくれた
あの歌が 好きだから
ありがとうを25時の空に響かせて

理恵

これは詩ではない、詞である。30
2019/02/23(Sat)

今まで本当にごめんね
目をそらしてきたことがある
名刺代わりの音と
Hello Hello ありがとう

It was amazing what I tasted
でもまだまだ足りないから

また来てね
僕らずっと待っているから
君の決めた道は輝いている
僕らも輝かせる
夢の先まで


理恵

[前の10日表示]   [理恵の日記]   [次の10日表示]
- 詩人の部屋 -