ホーム > 詩人の部屋 > 理恵の部屋 > 日記

理恵の日記

2018年12月






1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31





<< 前の月次の月 >>

日指定

プロフィール
詩人名 : 理恵
詩人ID : Sakura1ie

フィード

ワード検索

最新ログ

過去ログ

これは詩ではない、詞である。23
2018/12/03(Mon)

寒い季節も間近な日に
温かいココアを両手で包み
君の言葉を聞いていた
ひらりと紅い葉が落ちた

僕は涙こらえきれず
拳を膝に叩きつけた
笑う君の瞳さえ
強がりと気づかないでいた

きっと君もたくさん悩んで
問いかけを繰り返し導きだした
答えを今は寂しく思うけど
僕も笑うよ その道が輝くように


マフラーに顔をうずめて
今年最初の雪を見ていた
君と並んでいたベンチに
温かさを思い出した

遠い風の中に舞った
ひらりと踊る花びらだって
溶けてしまいそうなほどに
照り返す陽射しの中でも

君の笑顔が一番好きだ
心からきらめくその顔が好きだ
そのためなら僕はいつだって
応援するよ 離れても祈っている

紅い葉が落ちてまた
この季節が来たと耽ったり
粉雪に身を縮める日も
何度だって思い出すだろう

きっと君もたくさん悩んで
別々の道を歩んでくと決めた
君が笑うのは嬉しいだけじゃない
苦しさだって あったはず

だから
この先こんな時を何度だって
繰り返すのだろう君も僕だって
その度に君が笑えるように
僕も笑うよ その道が輝くように









理恵

これは詩ではない、詞である。24
2018/12/06(Thu)

眠ることのない街の明かりは
僕を一人ぼっちにした
指折り数えた夢見た日は
こんな現実を待ってたんじゃない

どうかせめて雨よ降って
情けない涙を隠して

憧れていたの 翼を広げるような
キラキラと輝いて笑う日を
世界一小さなこの背中を
追う者はない
僕が無数の背を追うだけ

頭上は晴れ渡るスカイブルー
太陽がまぶしくて目が眩む
白んだ光の中で見たのは
進むべきと思っていた道だ

ここで良いか不安になって
だけど止まることもできない

君のペースでいいよと誰かが言った
現実はそう上手くはいかない
眩しすぎる日と暗い夜繰り返す
差が激しいのも
撃ち破る強さがほしい

誰を信じ何を捨てる?
全てが難問だらけ

憧れていたの 翼を広げるような
キラキラと輝いて笑う日を
今は再び夢見るなんてできない
どうかわかって
そんなことは求めてないよ

理恵

これは詩ではない、詞である。25
2018/12/26(Wed)

pass word


眠れない夜にこっそり開いたの
I opened it secretly
in the night I couldn't sleep

星くずが私を呼んでいる
The stardust called me

それは子どもの頃の話
it is story in my childhood

世界のすべてが暖かな春だった頃
in the warm spring all of the world

合言葉は私だけが知っていた
The pass word had been known just for me

天使に会える魔法の言葉を
It is amazing word to meet an angel

妖精に会える素敵な言葉を
It is amazing word to see a fairy

それは難しいことではなかったわ
It was not hard for me

さあ、目を閉じて
Lets close your eyes

星くずの歌を聞こう
Listen to a stardustsong


何も知らないまま目覚めて
I got up with I didn't know
about the world I was

何も知らないまま歩いた
I walked my way with the state

幼い日の私
It is me in the day when I was little

天使に会える魔法の言葉を
It is amazing word to meet an angel

妖精に会える素敵な言葉を
It is amazing word to see a fairy

ずっと夢見ていたいの
I want to dream forever

さあ、目を閉じて
Lets close your eyes

星くずの歌を聞こう
Listen to a stardustsong

理恵

夢日記
2018/12/31(Mon)

最初は、何か勉強をしていた。職場の人たちと何かをしつつ、ずっと勉強しなきゃって思ってて、最終的にはちゃんと落ち着いて勉強する体勢になれた。

それから、気がついたら違う場所にいた。どうやら、新しい技術で城ドラのキャラクターたちが現れる施設らしい。そういえば昔、城ドラのキャラクターたちが目の前に見えるメガネを昔の同級生にもらった夢を見たなって思い出したんだけど、その夢は実際に見たのか夢の中の設定なのか曖昧だ。
まだ準備ができてないから、とアニメチックなおじさんに言われた。この人たちは現実の人たちの設定だったけど、覚めた今思えばアニメキャラだ。赤茶色の長髪で後ろで束ねてて、ちょっと髭を生やしてておおらかそうな人なんだけど、多分どこかでこの人を見てるんだけど、どこで見たのか覚えていない。夢の最後のシーンで、視界の端にモンストアニメのレンがいたのは覚えてる。

それで、気がついたら夜で、上空に霧みたいな雲がかかってて、その上を天狗みたいな格好をした人を乗せた龍が飛んでいた。これは何かの避けゲーらしくて、進めば進むほど得点が加算されるタイプのもの。得点が20を越えると上に乗ってる人がどこに行ったかわからなくなるらしくて、何が起きるのか好奇心で龍を追いかけた。城ドラの人たちはいなかったけど、他にも同じように龍を追いかけた人たちが何人かいた。

20を越えたら、天狗みたいな人が龍から落ちて、地上でスノーボーダーに変わった。

それを見届けて、龍を追いかけた人たちとハイタッチをした。でもその瞬間、なぜかふっとこの人たちとは合わないんじゃないかって思った。寂しくなった。

城ドラの方に戻ると、長髪のおじさんが「戻ってきたか」と優しい笑顔で迎えてくれた。そのおじさんを筆頭に、みんな優しい笑顔だった。レンはなんか澄ましてたけどw(てかレンは城ドラをプレイするんだなw)あ、私ここがいいって思ったところで目が覚めた。

一瞬夢が覚めかけて、でもまだ夢見てたいって思ったらなんか続行された時があったんだけど、その時からだいぶ夢だって自覚のあるまま夢を見ていた。でも最後は逆らえなかった。おじさんの声が遠くなって、視界が白んでいった時、本当に心の中で「やめてー!覚めないでー!!」って叫んだよ……。ノンレム睡眠とレム睡眠の波の関係でそうなったんだろうな……。そして最後は眠気も解消されるほど眠ったってことで逆らえなかったんだろうな……。楽しかったよ、ずっと見ていたかった……。

理恵

[前の10日表示]   [理恵の日記]   [次の10日表示]
- 詩人の部屋 -