ホーム > 詩人の部屋 > 理恵の部屋 > 日記

理恵の日記

2019年01月


1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31


<< 前の月次の月 >>

日指定

プロフィール
詩人名 : 理恵
詩人ID : Sakura1ie

フィード

ワード検索

最新ログ

過去ログ

これは詩ではない、詞である。27
2019/01/08(Tue)

懐かしい気持ちを抱きながら前にした
君はあの日みたいに笑って頷いた

落ちてく夕日が告げているの

これがさよならと知っていたから
その笑顔が滲んでかないよう
最後の姿目に焼き付けたくて
僕は涙をこらえていた

風が通り抜けたビルとビルの隙間も
いつもの帰り道交差点のメロディーも

すべてが二人の日々で満ちて

もっと前からこの結末を
知ってたなら今よりもずっと
この気持ちを綺麗な言葉にして
君に伝えられたのかな

ぐちゃぐちゃの心から
掬い上げたメッセージ
どれだけ伝わるの?
もっと話がしたい

いくつも会話は交わしたけど
言いたかったことは何一つ
伝えられていないと気づいたんだ
今さらだけど

これが最後と知っていたから
その言葉も姿も全部
この心のフィルムに焼き付けて
思い出になっていくんだ




理恵

前日]   [理恵の日記]   [翌日
- 詩人の部屋 -