ホーム > 詩人の部屋 > 理恵の部屋 > 日記

理恵の日記

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31




<< 前の月次の月 >>

日指定

プロフィール
詩人名 : 理恵
詩人ID : Sakura1ie

フィード

ワード検索

最新ログ

過去ログ

これは詩ではない、詞である。37
2019/12/10(Tue)

大丈夫だなんて
とても言えたことなんかじゃない
番号の羅列を
見て抱き合う人たちがいる

ねえ 君はどんな景色を見てるの
ねえ 私は自分から手離したものばかりだ

それでもこの羨望を
永遠と呼べる日が来るなら
遠いこの場所から
見守り続けるだけだって悪くない


目覚めたら午前四時
真っ暗な空に身を委ねたら
地平線から
やって来る朝に責められてるみたい

ねえ 今日はどんな服着て出かけよう?
ねえ 毎日はそんなに色づいてるわけでもない

それでもこの日々を
愛せると言える日が来るなら
淡い空の色を
見つめ続けるだけだって悪くない

いつかこの気持ちを
永遠と呼べる日が来るなら
遠いこの場所から
見守り続けるだけだって悪くない


理恵

前日]   [理恵の日記]   [翌日
- 詩人の部屋 -