ホーム > 詩人の部屋 > 理恵の部屋 > 日記

理恵の日記

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31




<< 前の月次の月 >>

日指定

プロフィール
詩人名 : 理恵
詩人ID : Sakura1ie

フィード

ワード検索

最新ログ

過去ログ

これは詩ではない、詞である。38
2019/12/15(Sun)

どうか今日の日よ消えないで
君が忘れても僕は覚えてる

眠れない夜に急に
震えだしたスマートフォン
君からの突然のメッセージ
「流星を見に行かない?」

僕が寒がりだって知ってるくせに
でも僕だってダウン引っ張り出して

午前0時の外灯の下
君の笑顔は無計画な天体観測の証
だけどそれでも僕はよかった
深い夜にきらめく星を
僕は忘れない


何時間が過ぎただろう
公園のジャングルジムの上
目を凝らしても見えない
ただ、ただ、暗い空

今夜は流星だって言ってたんだよって
ふくれる君はうつむいたね

とてもいじわるな瞬間だね
そんな時に限って流れたりする
視界の端に映った気がして
二人してもう一度見上げた
もう見逃さないように

一つ、君が指差す
二つ、僕は目を見開く
三つ、君が声を上げる
四つ、僕の口角があがる

君は正しかった 今日の空は
狭いくせにいくつも星が降る
寒いなんてこと忘れてた
ただ、ただ、嬉しかったんだ

どうか今日の日よ消えないで
終わらないでよ 君の最高の笑顔
君が忘れても僕は覚えてる
深い夜にきらめく星に
願いをかけたんだ










理恵

前日]   [理恵の日記]   [翌日
- 詩人の部屋 -